“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

北京〜上海間高速鉄道新ダイヤ


2011年12月12日付け、中国網

高速鉄道

「東方朝刊(ブログ版)」の報道によると、鉄道部は、本日零時より、上海~北京を結ぶ高速鉄道が新しい運行ダイヤに切り替わると発表した。運行ダイヤは「平日」、「週末」、「ピーク時」の3通りあり、「ピーク時」は最高92往復の高速鉄道が北京〜上海間を行き来する。そのうち、上海が管轄する列車は76往復となり、いままでより26往復増便されることになる。

平日、週末、ピーク時の定義、及び上海管轄運用本数は下記の通り。

平日:月~木、運行本数:63往復
週末:金~日、運行本数:70往復
ピーク時:春節、夏休み、ゴールデンウィーク、連休、運行本数:76往復

また、突発の事件・事故があった場合、鉄道局が逐次鉄道部に高速鉄道の増便を申請することができる。

更に、今月9日に、鉄道部部長盛光祖が来年春節期間における鉄道安全の確保が非常に大事であり、そのための取り組みは目下の最優先課題であると強調した。全路線に対して、安全点検を実施し、主要設備に対する点検・整備を確実に行うことで、良好な運行条件を維持し、安全性が脅かされるリスクを軽減する。高速鉄道設備のメンテナンスを強化することで、春節ピーク時における絶対的な安全性の確保を呼びかけた。

 

ソース:http://news.sina.com.cn/c/2011-12-12/091823616937.shtml

チャイナなう編集室