“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

詐欺男、ホトケ頼みも空しく逮捕される


2011年12月15日付け、長江日報(漢網)

犯人逮捕

愛人の財産を騙しとり、大家からも詐欺で巨額の金銭を騙しとった男が、あっちこっちと逃亡を続けた。警察の捜査から逃げるため、僧侶になりすましてお寺に潜入したが、結局警察に逮捕された。17ヶ月間の逃亡生活の末、昨日、容疑者李は武漢で逮捕された。

昨年7月、李が武漢で潘という女子と出会い、すぐに漢口駅近くのアパートで同棲することになった。アパートの大家の息子が北京で部隊に入隊していることを知り、李が自分の伯父は軍隊の将軍なので、大家の息子を士官に昇進させる口利きをしてあげると嘘をついた。大家はそれを信じ、夫と一緒に李について北京まで赴き、「将軍秘書」という人から暖かい接待を受けた。あれこれと言い包めて8万元あまりを騙しとり、夫婦を武漢に返した後、李は突然姿を消した。

現地警察派出所の警官は、重慶や深センなど8の省・市で聞き取り調査をしたが、逮捕に至らなかった。12月10日、警察はやっと愛人の潘を見付け、潘は李の行き先を知らないだけでなく、自分も騙され、お金を取られたという。その後、潘は警察と一緒に李の父親の住居を探し出し、連日見張りをしていると、李の父親が足繁く「帰元寺」というお寺に通っていることに気付いた。13日午後、ある男が街から帰元寺に戻るのを見て、警察は李の写真を取り出して確認してみると、その男は李の容姿と体格がそっくりであった。その男が境内に入り、仏像の前で線香を供えて、仏に祈りながら座禅を始めた。警官は後ろから、いきなり李の名前を呼ぶと、その男が振り返って返事したため、その場で御用となった。

調べによると、李は29歳で、「外交家」を名乗り、愛人と同棲してから子供一人を設け、更に愛人潘からも数万元を騙しとった。”悪いことをして、捕まるのが怖いから、毎日、お寺に来て仏の助けをお願いしていた。”

 

ソース:http://news.sina.com.cn/s/2011-12-15/033123633944.shtml

 

 

チャイナなう編集室