“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

消費抑止も財政収入増!


2012年1月2日付け、京華時報

財政収入

昨日、北京市財政局の発表によると、昨年北京市の財政収入は3000億元を突破し、前年より27.7%増となった。自動車と不動産の購買制限政策を取ったにも関わらず、年間財政収入は初めて3000億元を突破した。

市財政局は、昨年、北京市の財政収入は、年初は勢い良く始まり、途中で一時低迷するが、その後挽回するという局面展開で、年間を通して20%以上の増収となった。財政収入が安定して増え続ける原因として、マクロ経済の調整機能を強化することで、自動車や不動産の購入制限政策の影響を跳ね返し、財政増収に必要な基礎体力を付けることができた。次は、農村の家電普及と買替え促進などの消費刺激政策を取ったことで、公的資金360.8億元が投資され、内需拡大と経済成長を支えた。最後に、技術革新を進めたこと。中関村に国家自主革新モデル地区を建設し、100億元を重要な科学技術の産業化に投資し、経済発展の原動力を強化した。

2011年の北京市財政政策は、民間から徴収し、民間に投資する方針を堅持し、特に市民の社会保障と生活改善への投資を引き続き拡大した。北京市は市民のために投入した資金は293.2億元に達し、市民の身近な問題を解決して来た。8.6億元を「野菜生産基地」プロジェクトに投資し、価格調整のための資金を確保したことで、物価の安定を図った。また、社会保障を受ける基準を引き上げ、生活貧困層に生活補助金を支給し、社会保障のレベルアップを実現した。公営住宅建設投資機構に100億元を出資し、公営住宅建設を加速させた。交通インフラの整備にも積極的に取り組み、公共交通機関を発展させることで、市民の外出移動の利便性を高めた。

なお、北京市の過去4年の財政収入の推移は下記の通りです。

2008年 財政収入=1837.3億元、成長率=23.1%

2009年 財政収入=2026.8億元、成長率=10.3%

2010年 財政収入=2353.9億元、成長率=16.1%

2011年 財政収入=3006.3億元、成長率=27.7%

 

ソース:http://news.sina.com.cn/c/2012-01-02/015923736115.shtml

チャイナなう編集室