“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

海外企業買収が過去最高(2011年)


2012年01月14日付け、京華時報

海外企業買収

昨日、世界4大会計事務所のひとつであるプライウォーターハウスクーパー(以下、「PwC」)が発表した報告によると、2011年中国大陸企業の海外企業買収案件の案件数と買収額ともに新記録を記録し、買収に成功した案件数は207件、買収総額は429億ドルであった。北米と欧州で実施した企業買収案件は全体のほぼ半分を占めた。

注目すべきは、海外企業買収はもはや資源関連企業やエネルギー関連企業に限定した話ではなくなり、消費品や工業製品の分野にシフトしている点にある。PwCの中国企業買収部門パートナーである銭立強氏は、中国大陸企業の海外企業買収は消費品や工業製品分野への関心が高まっており、これは中国は少しずつ消費牽引型経済にシフトしつつあることを示していると分析している。

■海外企業買収、欧米企業が約半分

「2011年中国企業買収の総括と展望」と題する報告書は、昨年、中国での企業買収は引き続き活発で、買収総額は5%増、交渉案件数は5364件に及び、史上最高記録となったと報じている。

その中で、中国大陸企業の海外企業買収は過去数年に渡る増加傾向を維持し、更に記録を更新した。特に注目すべきは、これまで中国企業が海外企業買収の対象は資源関連企業とエネルギー関連企業だったが、昨年はこの分野の企業買収は依然トップではあったが、買収総額の比率は2010年の44%から42%に下落し、一方、消費品や工業製品分野の企業買収が頻発し、全体比率も22%から35%に上昇した。

中国企業の海外買収案件の割合分布を見ると、最も多いのは北米で、2010年の52案件から57案件に増加したが、欧州の買収案件も急増し、25案件から44案件に増加した。

PwCの別の企業買収担当のパートナー路谷春氏によると、欧州は中国大陸企業の海外企業買収のメインターゲットのひとつになっており、しかも対象企業は工業製品や消費品分野に集中しているという。これは欧州の経済危機問題、人民元との為替レートの変動、一部のEU加盟国が中国に対してよりオープンになったこと、欧州企業の規模が小さく買収しやすいなどと関連する。

■国内は不動産業がトップ

国内の買収案件は、戦略的買収と投資目的買収に分けると、戦略的買収の中で不動産業の割合がトップで、買収総額は2010年の205億ドルから216億ドルに増加した。

これに対して、銭氏は”中国不動産企業の資金調達難の状況の中で、一部の企業は戦略を修正し、不動産業の買収活動が盛んに行われた。”と分析する。

実際、昨年の戦略系投資ファンドによる買収案件では、国内企業の買収案件は11%増となったのに対して、海外企業の買収案件は、本国の経済情勢が不安視され、昨年下期より急劇に減少し、1年を通して11%の下落となった。

■プライベートエクイティが新記録

財務系投資ファンドによる企業買収の中で、プライベートエクイティファンドが主役となった。昨年、中国国内のプライベートエクイティファンドによる買収規模は記録更新となり、年間を通して買収案件数は18%増となり、買収総額は213億ドルに達した。

これに対して、銭氏は、プライベートエクイティファンドは中国企業発展の主な資金源となっていると解説する。2011年、中国政府による緊縮財政と流通市場の不確実性が高まったことにより、中国民間中小企業は資金調達において難しい局面に直面し、更に中国有名企業の株価が暴落する事件が相次ぐ中で、中国企業の海外上場は更に難しくなった。

2011年、プライベートエクイティファンドが集めた資金は記録を更新し、総額441億ドルの資金を調達し、その中で人民元建てファンドは全体の60%を占めた。

■展望:2012年の海外企業買収は増え続ける

このほか、PwCは、2012年における中国企業による海外企業買収は依然2桁の成長が見込めると予測している。中国企業は海外企業買収の経験を積み上げることで成熟し、更に世界経済の流動性が多くの買収機会を創出することになる。中国企業は貿易摩擦を回避するためにも、グローバル企業となって、事業の現地化を進める必要があり、それが中国企業が経営戦略の視点から海外企業買収を加速する原動力となる。

しかし、全体的に中国企業の海外企業買収はまだ初期段階にあり、経験も比較的に乏しく、多くは買収体制が不充分で、一部の案件で問題が発生している。これは避けて通れない道とは言え、路氏は、買収交渉に入るのはまだ初めの一歩に過ぎず、交渉の後半における管理と調整がもっと重要であり、チャレンジングな作業であると指摘する。中国企業は海外企業買収を行う際、もっと周到に準備し、長いスパーンで取り組むべきである。

 

ソース:http://news.sina.com.cn/c/2012-01-14/051523798449.shtml

チャイナなう編集室