“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

老人施設に優遇政策


2012年1月28日付け、京華時報

老人ホーム優遇政策

今年より、浙江省財政部門は、自社所有の建物で、ベット数が20以上など、定められた資格を満たす非営利目的老人ホームに対して、1ベットあたり年6000元(約72000円)の補助金を支給することになった。賃貸施設で3年以上の業務期間がある老人ホームに対して、1ベットあたり年1000元の補助金を3年間支給する。

浙江省発展改革委員会の所管部門によると、非営利目的老人ホームの発展を奨励する目的で、右記の政策を実施する。今年より一定の条件を満たし、非営利目的老人ホームと認定された施設に対して法人税を免除する;企業、団体、個人が非営利目的公益団体、基金組合または国の機関を通して、福利性、非営利性の老人向け施設に寄付した場合、当該寄付金を課税対象から控除する;福利性、非営利性の老人向け施設の固定資産税を免除する;農懇地を占有している老人ホームの農懇地占有税を免除する;社会福祉施設、デイサービス施設、老人ホーム、老人向けマンションなどの老人向け施設で、公共事業負担金の納付が困難な場合は、税務部門の承認があれば、減免の措置が受けられる。

浙江省民政庁の責任者は、国主管の水道、電力、ガス、通信、テレビ(ケーブルテレビ含む)などの企業は、老人向け施設に対してサービス及び料金の面で優遇措置を取るべきであるとの見解を示した。

 

ソース:http://news.sina.com.cn/c/2012-01-28/005923847528.shtml

チャイナなう編集室