“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

自動車登録ナンバー抽選会


2012年2月26日付け、北京晨報

抽選会

今日午前10時、今年2回目の自動車登録ナンバー抽選会に約92万人が参加し、参加者数は新記録となった。昨日、北京市小型乗用車登録ナンバー管理事務室が最新の審査結果を公表し、2月8日24時まで、審査をパスした小型乗用車向け登録ナンバーの申請者は全部で92万1244人であった。今月の個人乗用車向け登録ナンバーの登録枠は20084で、先月より126減少した。また、当選確率も低下し続け、今月の競争倍率は1:46である。

公表によると、2011年7月の抽選で当選したにも関わらず登録がなかった2484個の登録ナンバーは再び抽選箱に戻されるので、今月の登録枠は20084に増加した。先月の抽選会では、2011年6月当選枠で未登録の2610の登録ナンバーが抽選箱に戻され、先月の登録枠は20210となり、前年年末より32増えた。

今月は、登録枠数の増加量が低下したのに、申請者数は8.8万人あまり増えたため、当選確率も歴代抽選会の最低記録を更新し、約1:46である。

このほか、今月は偶数月のため、2012年最初の企業向け車両ナンバーの抽選会も同時に開催される。2月8日24時まで、小型乗用車の登録ナンバーを申請した企業は16793社であり、今日の抽選会で3200の登録ナンバーが交付される。

注意しなければならないのは、今年より当選できなかった申請番号は3ヶ月の有効期間が与えられる。申請番号が3ヶ月保留されるということは、申請が承認されたあと、3回連続抽選会に参加できることを意味する。

抽選箱に残った申請番号、つまり、2011年1月1日から2012年1月8日の間に承認された申請番号は、2012年4月8日まで有効である。

 

ソース:http://news.sina.com.cn/c/2012-02-26/011023996969.shtml

チャイナなう編集室