“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

モバイル通信 世界ワースト2


2012年2月22日付け 北京晨報
2012.2.23モバイル通信速度

“中国のブロードバンドは値段が高くて速度が遅い”というのが定説になっているが、更に先日公表されたレポートで、“モバイル通信速度も世界ワースト2である”と伝えられ、論争を呼んでいる。

国際的な業界団体GSMA(世界移動体通信協会)がまとめたレポートで、モバイル通信速度が世界で最も遅い国は、インドと中国(香港、台湾、マカオを除く)であると伝えた。2010年までの統計では、日本と韓国のモバイル通信速度は、中国の28倍も速いという結果が出ている。

易観智庫(EnfoDesk)アナリストの黄萌氏は、“中国がワースト2かどうかは不明だが、先進国より遅いのは確かだ”との見解を示し、モバイル通信費用は、世界の大多数の国よりも高いと指摘した。

このため、最新の携帯電話が中国でヒットし、購入者は世界最新モデルを手に入れたとしても、最も古くて遅い通信サービスを使用することになる。まるで、高級車が田舎の砂利道を走るようなものだ。

 

ソース:http://news.sina.com.cn/c/2012-02-22/010923969262.shtml

チャイナなう編集室