“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

公的機関の対外投資に規制


2012年2月23日付け 京華時報

2012.2.24公的機関対外投資

財務部の情報によると、改訂版「公的機関財務規則」が4月1日から施行される。新規則では、公的機関の財務監査を強化し、公的資金或いは余剰金を使った対外投資は認められず、株式売買、先物投資、ファンドや社債購入を制限するなどの内容が盛り込まれた。

改訂版では、「財務監査」という章が新たに加えられ、財務監査の主な内容、監査の仕組み、内部監査及び外部監査制度等について明確に規定されている。

また、資産管理を強化し、公的機関の対外投資を厳しく制限する準則を設けているが、それぞれの機関が正常に運営され、事業が発展していくことが保証されている場合は、国の関連規定により、審査手続きを経て、対外投資をすることができる。

改訂版が施行されれば、各学校や文化事業などを行う公的機関は、新しい規則に基づいた財務制度の改善に取り組む必要がある。

 

ソース:http://news.sina.com.cn/c/2012-02-23/015923975880.shtml

チャイナなう編集室