“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

国内線燃料サーチャージ値上げ


2012年4月4日付け 重慶晩報

2012.4.4国内線サーチャージ

中国では4月5日から全ての国内線で、燃料サーチャージの料金が値上げされる。

新基準によると、どのフライトも旅客1人につき10元(1元=約13円)追加となる。大人の場合、800km以下の路線は、70元から80元に、800km以上の路線は140元から150元になる。子ども及び半額の優待価格が適用される傷病軍人や公務により身体障害者となった人民警察については、半額となり、末尾が10元に満たない端数は切り捨てとなる。従来10%の価格が適用されている乳幼児については、燃料サーチャージは付加されない。

今回の燃料サーチャージ料金は、過去最高額となる。国内線で燃料サーチャージが初めて徴収された2000年以来、2008年7月の料金が最高額で、800km以上の路線では150元、800km以下の路線では80元で今回と同水準だった。

 

ソース:http://news.sina.com.cn/c/2012-04-04/052424219153.shtml

チャイナなう編集室