“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

野原にたたずむ周恩来総理の専用機


2012年4月8日付け 中国青年報

2012.4.8周恩来専用機

安徽省肥東県の野原に、かつての周恩来総理の専用機「中国空軍50050号3発ジェット旅客機」が放置されている。

この飛行機は1960年代にイギリスから輸入された大型ジェット旅客機で、改装された後、新中国政府専用機の第一号となった。

周恩来総理がかつてこれに乗り中国各地を飛び回り、北朝鮮、ベトナム、モンゴルなど10数カ国を訪問した。80年代になり、この飛行機が退役してから、江蘇省の会社がそれを展示目的で買い取った。

2003年10月7日、合肥在住の張さんがさらにこの飛行機を買取り、展示用として現地の役所に貸し出していた。2012年初め、飛行機は合肥市肥東県に運ばれ、“周恩来総理専用機記念館”として改造される予定だった。

しかし、諸事情により計画が進まず、飛行機は約2年もの間、この広い野原に寂しそうにたたずんでいる。

 

ソース:http://zqb.cyol.com/html/2012-04/08/nw.D110000zgqnb_20120408_7-01.htm

チャイナなう編集室