“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

“消える”ペンが犯罪に利用される


2012年4月10日付け 和訊新聞

2012.4.12消えるペン

2012.4.12消えるペン2

近ごろ、ネット上で「消えるインクペン」の売れ行きがいい。警察によると、このような特殊なペンが犯罪にも利用されていることが明らかになった。

消えるインクのペンの外形は、通常のペンとほとんど変わらず、書かれた字の線も通常のペンと大差はない。異なるのは、書いた後、字が自然に消えてしまうということだ。取材によると、消えるインクのペンはネット上で簡単に手に入るだけでなく、広州市内の文具店などでも購入することができる。

警察は、「領収書や証書を記入する際には自分でサイン用のペンを持参するようにし、消えるインクのペンを利用した詐欺に注意するように」と呼びかけている。

■簡単に入手可能

消えるインクのペンを扱うネットショップを検索してみると、多くのショップが見つかり、それらのショップの所在地は、上海、広州、杭州などであった。最近の販売履歴を見ると、1ヶ月に20本以上販売しているショップもある。

消えるインクのペンは、ネットショップでは“水で消える”タイプと“空気で消える”タイプ2種類に分類されている。

広州にあるショップのページを見ると、消えるインクペンと普通のペンは、見た目は大差なく、インクの色も青、紫、白などがある。商品の説明には、“書いた後1~10日ほどで自然に字が消えます。水や専用の消去ペンを使うと、より速くきれいに色を消すことが出来ます。消える時間は使った材質や温度、湿度により異なります。消えるインクペンはどんな材質の上にも書くことができ、特に衣服、刺繍、クロスステッチ、織物、手工芸などの業界での印つけや仮書きに適しています”と書かれている。

ショップ側に購入資格などは設けているのか尋ねたところ、通常直接は連絡して来ないため、ネット購入の条件を満たしていれば購入することができるし、それを何に使うのかを尋ねることはないとの答えが返って来た。

文具卸市場へ行ってみると、多くの文具店で「消えるインクペン」を販売していた。価格は非常に安く、一本わずか1.5元(約19.5円、1元=約13円)である。

店主に尋ねたところ、買いに来るのは布を使って商売をしたり、刺繍をする人で、中には服を汚されないように子供に買い与えるという親もいるという。

ある店舗では水で消えるインクペンの説明書きに “字は自然に消えます。小切手、証券、永久保存用の資料への署名には使用しないで下さい。書いた後、水に触れると字は直ちに消えます”と書かれていた。

■悪質な犯罪に利用される

新華社の報道によると、湖北省の李さんは今年1月中旬、容疑者王に25万元(約325万円)貸した。この時、王は持参したペンで25万元の借用書を一枚書き、李さんに渡した。2日後、李さんは王の書いた借用書がなんと白紙に変わっていることに気がついた。急いで王に連絡すると、王は25万元を借りた覚えはないと否定した。

その後、王は逮捕された。取り調べの結果、王は「消えるインクペン」を使い、李さんから25万元騙し取ることを事前に計画したことを認めた。

警察の調べによると、このタイプのペンは特殊なインクを使用しており、書いた文字は普通のペンで書いたものと見た目は変わらないが、材質や温度、湿度、書く速度などの違いにより、15分から2日で自然に消えてしまい、何の痕跡も残さない。そのため、この「消える魔法のペン」の特性を利用した詐欺行為が横行している。

■契約書や領収書のサインには使わないこと

警察によると、「消えるインクペン」は主に織物や手工芸などでの印つけや仮書きの他、学生が原稿書きや模写、落書き、絵画などに使ったりするという。

しかし一部の犯罪者たちがこれを利用して次のような詐欺行為を行う可能性があるという。

1,個人ローン詐欺。「消えるインクペン」の特性を利用して、個人間で金銭の貸借を行う際、被害者が借用書を一々確認しない心理を利用し、金を借りた後、借金のサインがないことを理由に借金の事実を否定し、違法に金を手に入れる。

2.経済契約詐欺。「消えるインクペン」を利用して契約書、協議書を作成し、企業や個人の金品を騙し取る。被害者は権利の立証が困難である。

3.銀行の小切手詐欺。犯罪者は銀行に少額の小切手を発行させた後、「消えるインクペン」で記入し、商品を購入してこの小切手で支払いをする。

警察は、市民に防犯意識を持ってもらい、契約書や手形決算などへのサインには、パソコンで作成した契約書を要求し、サインや内容記入の際には持参した筆記具を使用するようにして、「消えるインクペン」による詐欺にあわないように注意するよう呼びかけている。

 

ソース:http://news.hexun.com/2012-04-10/140303121.html

チャイナなう編集室