“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

上海ナンバーの落札価格が最高値


2012年4月14日付け 新民網

2012.4.14車ナンバー

5月のゴールデンウィークを間近に控え、2012年4月に上海で開催されたの自家用車ナンバーのオークションで、最低落札価格がついに6万元(約78万円、1元=約13円)の大台を超えた。2000年より上海で自家用車ナンバーの価格無規制オークションが始まって以来の最高値を塗り替えた。

5月のゴールデンウィークが近いことから、4月のオークションは4月14日に前倒して行われた。午前10時にオークションが始まると、価格はどんどん上昇し、11時を過ぎると、最低落札価格は5万9,800元に到達した。終了前30分の競りに、何が何でも落札したい入札者たちが争って値をつけた。

11時30分にオークションは終了した。最低落札価格は6万1,000元で、先月比2,700元高。平均落札価格は6万1,626元で、先月比3,001元高となった。今月の出品数は8500台分で、オークション参加者数は2万2,706人で、落札率は37.44%であった。これにより、上海の自家用車ナンバー価格は6ヶ月連続の続伸となった。

業界内部の分析によると、数カ月前から上海ナンバーの価格は上昇を続け、人々の心理的許容ラインもそれに伴って上がっていることに加え、2ヶ月前から多くの自家用車購入者が車両ナンバーを入手できない状況が続いている。そのため、多くの人は落札を急ぎ、今月の落札価格の新記録を作り出したのだという。

現在上海市では、ラッシュ時間帯に市外ナンバーの車の高速道路走行を厳格に制限している。20の省や市において省(市)外での違反情報も全国で共有されることとなったことから、上海の市外ナンバーの車にとっては束縛が多くなってきている。これと同時に、地方でナンバー取得するのは益々難しく、遠くまで行く必要があり、車検の際にも不便である。こうした多くのマイナス情報 が流れることで、車所有者が次々と上海ナンバーへ乗り換えようとする動きが起こっている。

 

ソース:http://news.163.com/12/0414/12/7V262A5M0001124J.html

チャイナなう編集室