“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

立ち退き農家に迷惑料を支給


2012年4月20日付け 網易新聞

2012.4.20香港農民に迷惑手当

蓮塘出入国管理港は、深圳市と香港との間に設置される7番目の陸路の越境管理窓口として、2018年から正式に運用開始される予定である。

香港特別行政区立法会がこのほど提示した文書によると、現在、蓮塘出入国管理港の建設は土地の整備と基礎工事の段階にあり、その費用に162億5000万香港ドル(約1兆7000万円、1香港ドル=約10.5円)が投入される。同時に、本プロジェクトで農作業に影響を受ける現地村民への特別補助金として、2億1100万香港ドル(約22億円)の枠外予算を組む。一戸あたり最高で60万香港ドル(約630万円)以上の金額が迷惑料として支払われることになる。

■現地の村が集団移転

蓮塘出入国管理港と付帯する周辺道路などの建設のため、香港側では、ニューテリトリー地区にある竹園村の移転と、沿線道路にあたる農家の小屋などの取り壊しが必要となる。

香港政庁の法律によれば、公共プロジェクトによる立ち退きのため、村を別の場所に移転させることができる。今回の立ち退きでは、竹園村は近くの別の場所に移転し、村民は政府が新築する住宅に転居できる。もし、政府の用意した住宅が気に入らない場合は、政府の用意する一定の土地と補助金が支給される。この補助金は当該の土地に自分の住宅を建設する資金に使用できる。

土地の収用と取り壊しによって影響を受けることが確実と認定された村民は、さらに特別補助金を受けることができる。これには、農作物の市場価格を基準とする農作物補償や、正常な農作業に影響が出ることに対する迷惑料などが含まれる。

立ち退き後の農家が別の場所で継続して農業を行う場合は、漁農自然保護管理署がその身分を確認した上で、個人の農地を借用(或いは購入)して農業を続けることが可能である。

■政府が補助金を支給し、個人が家屋を建設

土地の収用と整備を円滑に進めるために、香港発展局と村民による協議の上、全ての住民に対して特別補助金を支給する意見が出された。この案では、条件に合致する新住民(*1)も対象となる。一戸あたり60万香港ドルの現金が受け取れるが、対象となる村民は、登記された建築物に住んでいることや、1984/1985年度(*2)に登録を済ませていること、香港内に不動産を所有していないことなどが条件となる。

発展局では、たとえ条件に合致していなくても、発展局長の持つ権限の範囲内において、個別案件に応じて30万~60万香港ドルの特別補助金を支給すると表明した。また、影響を受けるすべての居住者に対し、世帯人数に基づいて3000~12000香港ドル(約3万1500円~12万6000円)を転居費用として支給する。

統計によれば、本プロジェクトによって、約344戸の農家が移転することになり、発展局が増設する特別補助金は合計2億1100万香港ドル必要となる。発展局では、5月と6月にそれぞれ、建設作業委員会と財務委員会に対して支給申請を提出すると発表した。

竹園村の村民代表は、「村民は今のところ、政府の提示する60万香港ドルの補償金を受け取る意向である。計画案は互いに譲歩するものであり、おそらくほとんどの住民が近隣の土地に移転して住宅を建てることになるが、その費用は約100万香港ドル必要だ。現在、住民は土地を物色中だが、一部の地域は家屋建築制限があるため、政府とさらに交渉を進める必要がある。来年の4月までにはスムーズに移転が完了する事を期待している」と語る。

■新住民も公設住宅に転居が可能

現行の政策に基づけば、竹園村の新住民で、不動産を所有していない場合は、新規移転する村での分配は得られない。こうした村民は、収入審査の条件に適合している場合のみ、公設住宅への賃貸居住、あるいは一時居住住宅への居住、または一時居住住宅の替わりとして特別補助金の受給が可能となる。

発展局では、竹園村の特殊な状況から考えると、まず村全体の取り壊しが必要と考えている。原住民と新住民は長年に渡って同じ土地で暮らしているため、密接な近隣関係にあり、村の移転後も引き続き一緒に居住することを強く希望している。同時に、村の移転先には農業に適する農地が隣接しており、農村としての発展が期待できる。

そのため、発展局は、条件に合致する新住民に対し、“平屋住宅案”を提示した。この案では、新住民は村の移転地の拡張地区に移住し、適切な農地を購入し、元の土地との交換申請を地元政府の総署に提出する。その上で、購入した私有農地に家屋を新築することができる。

*1:「新住民」…1970年代以降の香港政庁の土地開発政策により、移転してきた新住民。

*2:1984年の英中共同声明により、1997年の香港返還が確定された。

 

ソース:http://help.3g.163.com/12/0420/08/7VH7P5E500963VRO.html

チャイナなう編集室