“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

北京モーターショーに特別仕様ロールスロイス登場!


2012年4月23日付け 網易汽車総合

2012.4.24ロールスロイス3

ロールスロイス・ファントムシリーズⅡが、北京モーターショーで世界初のお目見えをする。高級ブランド車も、昨今の中国市場を如何に重視しているかが、窺い知れる。

だが、今回の北京モーターショーでそれ以上に人目を引くのは、星客特公司(*1)が展示するファントムのロング型(ホイールベース延長型)スペシャル版だ。

昨年の上海モーターショーでは、この車の販売価格は1億5000万元で、モーターショー史上最高級車と称された。しかし、今年の北京モーターショーでは、あの高級車ロールスロイスも大幅に値下げした。これまでの“抱き合わせ”販売をやめたため、価格は1億5000万元から4500万元へと一気に値下りした。

外観上から、今回のファントムと前回の上海モーターショーでの展示車との違いはほとんど分らない。前回の1億5000万元の価格には、4つのメニューがセットされていた。ロング型ロールスロイス・ファントム、最高級の翡翠、エルメスのバーキンクロコポロサス限定版、自家用ジェットでスイスのプラセンタライフの旅(ペアチケット)である。

今年、星客特公司はセット販売方式ではなく、自動車単体での販売に切り替えた。というのも、車本体以外のセット商品は、前回の上海モーターショーですべて売切れてしまったためだ。今回は、星客特公司がオーナーのために設ける24時間VIPサービスのみとなる。

■ロールスロイス・ファントムシリーズⅡ

2012.4.24ロールスロイス4

ロールスロイスが今回展示するのは、ファントムのロングタイプ、ファントムセダン、ファントムオープンカー、ファントムツードアクーペの4車種。車には最新のLEDライトが使用され、バージョンアップしたエレクトロニクスシステムと8速オートマなど、駆動システム性能も大幅に向上し、軽いタッチの操作性や機能の実用性も強化された。

また、ロールスロイスは今回初めて、モーターショーで1927年のファントムⅠを展示する。さらに、スペシャルな“Ghost Six Senses”モデルを初めて展示し、ユーザーのフィードバックを集める予定だ。

*1:星客特汽車(中国)有限公司・・・アメリカのSTAR CUSTOM INDUSTRY,INCが中国内に設立した子会社

 

ソース:http://auto.163.com/12/0423/09/7VP0PSRK00084TUO.html#p=725VBQT64LB00008

チャイナなう編集室