“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

連続のトップ失脚で高速道路建設が資金難


2012年4月21日付け 華夏時報

2012.4.21湖南高速資金難

3月31日、湖南省吉茶高速道路の賑やかな開通式典には、ある重要人物が姿を現さなかった。それは矮寨大橋建設の総責任者の陳明憲である。開通二日前、湖南省規律委員会は彼を立件調査すると発表した。

陳明憲は湖南省道路交通分野の顔役で、彼がトップに在任した3年半の間、湖南省の高速道路は目覚しい発展を遂げた。湖南省では、2008年に18本、2009年に15本、2010年に10本の高速道路建設が着工し、延べ開通予定距離は一時全国でトップとなり、世間の注目を集めた。

彼は2011年8月に立件調査を受けた湖南省高速道路管理局元局長の馮偉林と共に、湖南省高速道路建設の“大躍進”の重要な担い手であった。

今、この2人の相次ぐ失脚により、湖南省高速道路建設は国の緊縮財政の影響を受け、方向転換に迫られている。2011年から今まで、湖南省では高速道路の新たな着工は1本もなく、「資金を調達し、建設を継続する」という課題が、湖南省高速道路の新しいトップたちにとって急務となった。

■揺れた人事

高速道路の架橋は開通したが、高官は失脚した。注目すべきは、陳明憲は湖南省道路交通分野における3人目の失脚者だということだ。去年8月17日、湖南省高速道路管理局局長の馮偉林が事情聴取のために拘束され、湖南省高速道路管理局元局長の楊志達は収賄罪で無期懲役の判決を受けた。

湖南省の道路交通建設に注目するある高官によると、相次いで3人の高官が失脚したことは、湖南省高速道路建設における政治と企業の癒着、官商一体のシステムを見直す必要があることを示しているという。

1993年に設立された湖南高速道路開発建設総公司と1998年に設立された湖南省高速管理局は、別の組織でありながら、実態は仲間組織である。その後高速道路管理局は、2008年に湖南高速道路投資集団を設立し、2011年には湖南高速道路集団財務有限公司を設立した。

中国国内の省や市には高速道路管理局は置かずに、高速道路総公司だけがあるところもある。一方湖南省はこのように多くの組織がありながら、実態は仲間組織であり、また同時に2つの資金調達会社を設立するケースは非常に珍しい。

彼によると、湖南省高速道路管理局は、選手でもあり審判でもあるという。資金調達と分配、プロジェクト計画と入札募集、物資購入と施工品質監督、財務管理と審査監督など、管理における多くのプロセスにおいて独占的に実施してきた。この現状は、権力を握った者に不正を働く大きな動機を与えることになり、トップの座は自然と“危険なポスト”となってしまった。

先の高官によると、今回の騒動は、まだ終結していないかもしれないが、湖南高速道路の関係者が考え方を改めて、改革を行うよい契機だという。

■急がれる資金補充

今年、全国人民代表大会と全国政治協商会議の湖南代表団が発表された日、湖南省長の徐守盛氏はメディアの質問に答えて次の事実を認めた。湖南の9本の高速道路は、資金面で困難に直面しており、現在措置を講じて解決へ向けて努力しているという。

湖南高速道路建設の大規模な規模拡大は、2008年に始まった。その後、4兆元の投資計画という景気刺激政策の下で、湖南省はこれをチャンスと捉え、2030年の計画を前倒しに着工することを決定した。そしてその年18本の高速道路建設が着工し、翌年に15本、2年後に10本もの高速道路建設が新たに着工した。

しかし、高速道路の開通ラッシュは去年を最高に、今年に入ってから風向きが一気に変わった。

データを分析してみると、湖南省の高速道路は2011年末に開通距離2649キロを達成したが、全国では19位でしかなく、中部の6省の中でも最下位だということが分かった。

4月11日、湖南省高速道路管理局政策法規処のある職員によると、現在湖南高速道路は確かに困難な時期にあるという。国が緊縮財政を続ける中、資金調達は困難を極めた。後を引き継いだトップたちは、今何とかして資金を調達しようと策を講じているが、当面の急務は建設を続行させることで、すべての建設途中の高速道路を繋ぐことである。「なんとか方法を考えて、一日も早く建設中の道路を開通させることで、支出を抑えることができる一方、収入増を期待することができる」と語る。

湖南高速の資金状況は、去年からすでに注目を集めていた。高速道路建設の資金調達難は更に深刻さを増し、一部の工事は時々休止に追い込まれた。

湖南高速道路開発建設総公司の2011年第二期短期社債募集の説明書によると、2011年9月までで、その総債務額は1,334億元ほどで、負債率は75%となっている。

 

ソース:http://finance.southcn.com/jrcj/content/2012-04/21/content_43725398.htm

チャイナなう編集室