“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

中国初美術品保税オークション アモイで開催


2013年4月22日、台海網

保税オークション

昨日午後、象与保税物流区において、特別な意義を持つオークションが静かに行われた。中国初、輸入美術品保税オークションの最初の木槌がアモイで打ち鳴らされた。

保税オークションは、まだ通関していない美術品を保税区に保管し、海外の落札者は関税を払うことなく、国内落札者は所定の関税を納めたあと、持ち帰ることができる。保税区から持ち出さない限り、国内落札者もすぐに関税を納める必要はない。

ヨーロッパから来た355点の西洋美術骨董品は、彼らの新しい”主人”を待っている。4時間経過したのち、第1回西洋美術品保税オーク損が成功裏に終わった。会場には、60名あまりの競売者のほか、委託やオンラインなどでオークションに参加した競売者も多数いた。その中には、アモイ、泉州、福州、漳州などから参加したコレクターのほか、北京、山東などの県外や海外のコレクターもいた。

 

ソース:http://iphone.myzaker.com/l.php?l=51749dbb7f52e981010000fc

チャイナなう編集室