“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

頻繁に微博を更新するひとの半分は独身


2013年5月9日、荊楚網

微博ユーザー

今年初め、支付宝(中国最大電子決済サイト)は年度末収支帳簿を公表した時、多くの利用者は支付宝が自分の伴侶よりも自分をよく知っていると驚いた。こうして見ると、新浪微博(中国版ツイッター)もあなたのことを結構分かってる。

昨日、新浪と新浪微博が主催する2013年湖北微博営業会議が開催され、記者は「新浪微博利用者推移報告」を入手し、中では5億の新浪微博利用者の姿を浮き彫りにしている。

年齢から見ると、80年以降生まれが55%、90年以降生まれが37%、両者を合わせると9割以上になる。70年以降と70年以前生まれの割合がわずか6%と2%である。学歴で見ると、80%の利用者が高等教育を受けており、大学学部卒以上が55.9%を占める。

性別では、男女がそれぞれ50%を占めるが、男性と女性が関心を持つ内容が異なる。女性が最も関心を寄せる3大テーマはグルメ、占いとファッションである。男性が最も関心があるのは、ニュース、ITと旅行である。面白いのは、55.1%の利用者は独身で、20.3%が恋愛中で、既婚で子供がいないひとは14%であった。

インターネットアクセスの設備を見ると、スマートフォンからが83%で、移動通信はすっかり人々の生活に浸透していることが分かる。夜8時から0時までが微博更新のピーク時で、微博は就寝の「神器」となっている。

報告書によると、4割の利用者は(ネット上の)友人と同世代であり、消費水準と収入水準も接近している。27.6%の利用者は微博の中のURLから買い物をしたことがあり、本・CD、(レストランや娯楽チケットの)グループ購入とファッションが微博がネットショッピング機能を導入して以来、最も人気のあるカテゴリトップ3である。

湖北の微博利用者総数は2300万人で、全国で第3グループに属する。広東、北京、江蘇の利用者が最も利用頻度が高い。

 

ソース:http://bj.people.com.cn/GB/n/2013/0509/c14545-18623617.html

チャイナなう編集室