“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

金融業界の給与が農林水産業の4倍


2013年5月17日、人民網

平均年収

国家統計局が今日発表した2012年平均年収主要指数によると、全国の都市で働く個人経営企業以外の就業者の平均年収は46,769元(約78万円)で、物価上昇分を除くと、実質の伸びは9.0%であった。全国都市個人経営企業就業者の平均年収は28,752元(約48万円)で、物価上昇分を除くと、実質の伸びは14.0%であった。その中、金融業界の平均年収は89,743元(約150万円)で、農林水産業の平均年収22,687元(約38万円)の4倍にあたる。

業界別で見ると、平均年収が高い上位3業種はそれぞれ、金融業89,743元(約150万円)、全国平均の1.92倍、情報通信・ソフトウェア開発・ITサービス80,510元(約135万円)、全国平均の1.72倍、研究開発・技術サービス69,254元(約116万円)、全国平均の1.48倍である。

平均年収が低い業種はそれぞれ、農林水産業22,687元(約38万円)、全国平均の49%、宿泊飲食業31,267元(約52万円)、全国平均の67%、水道・環境・公共施設管理32,343元(約54万円)、全国平均の69%である。最高と最低業種の平均年収の格差は3.96:1であり、2011年の4.17:1より格差が縮まった。

2012年都市非個人経営企業就業者業種別平均年収
单位:元、元、%
業種 2011年 2012年 伸び率
合計 41,799 46,769 11.9
農林水産業 19,469 22,687 16.5
鉱業 52,230 56,946 9.0
製造業 36,665 41,650 13.6
電力、ガス、水道供給業 52,723 58,202 10.4
建設業 32,103 36,483 13.6
卸・小売業 40,654 46,340 14.0
交通・運輸・郵政業 47,078 53,391 13.4
宿泊・飲食業 27,486 31,267 13.8
通信・ソフトウェア開発・ITサービス業 70,918 80,510 13.5
金融業 81,109 89,743 10.6
不動産業 42,837 46,764 9.2
サービス業 46,976 53,162 13.2
科学技術研究開発 64,252 69,254 7.8
環境・公共施設管理業 28,868 32,343 12.0
住民サービス 33,169 35,135 5.9
教育 43,194 47,734 10.5
衛生・社会活動 46,206 52,564 13.8
文化・スポーツ・娯楽業 47,878 53,558 11.9
公共管理・社会保障・地域団体 42,062 46,074 9.5

 

ソース:http://politics.people.com.cn/n/2013/0517/c1001-21519239.html

チャイナなう編集室