“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

国営企業の違法会計


2013年5月18日、南方週末

2013年5月10日、審計署は監査の結果を公表し、多くの国営企業や国営銀行に会計決算、財務管理、重大な経営判断に法律違反や業務上過失などの不正が発見された。

その中、内部で不正に金品を配る違反行為が多く指摘された。図は会計監査で指摘した国営企業の不正会計。

不正会計

※図を上から。。
会社名:中国出版集団、不正事項:ショッピングカードを支給、虚偽の会議費、通勤手当の過剰支給、金額:717万元(約1億2000万円)

会社名:華能集団(電力会社)、不正事項:職員宿舎や工場内道路の不正建設、金額:1085万円(約1億8000万円)

会社名:輸出入銀行、不正事項:不正な住宅手当の支給、違法が不動産事業の給与支払、金額:1282万元(約2億1000万円)

会社名:国立原子力発電、不正事項:不正なボーナスや手当、給与の過剰支給、ショッピングカード、金額:4430万元(約7億4000万円)

会社名:国電集団(電力会社)、不正事項:研修センターの不正投資・不正建設、自社ビルやホテルの建設、違法なボーナス支給、ボーナスの過剰支給、金額:1.7億元(約28億円)

会社名:中国移動(携帯電話)、不正事項:介護保険、接待費、フィットネスクラブカード、健康保険、金額:4.9億元(約81億円)

会社名:中国航空、不正事項:違法な本社ビル建設、金額:13.45億元(約220億円)

 

ソース:http://www.infzm.com/content/90415

 

チャイナなう編集室