“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

湖南地域は最も激辛料理を好む


2013年5月23日、海峡都市報

激辛料理ランキング

14日、”湘西同城会”と名乗るブロガーが、ブログに中国の激辛料理を好む地域のランキングを発表した。このランキングでは、中国南部各地域を対象に、激辛料理の嗜好度を分析し、順位付けした。分析には、辛さの好みや代表的な激辛料理などが含まれている。

その中で、宋祖英の名曲「激辛娘」で有名な湖南がトップに入り、”男たちの血管を爆発させる”激辛の辛子味噌の産地として有名な貴州が2位に入った。

マー(山椒に由来する痺れる辛さ)とラー(唐辛子に由来する辛さ)の2種類の辛さで知られる四川と重慶は同位で3位であった。それに続くのは、江西、湖北、広西、広東である。

ランキングを発表したブロガーによると、彼は小さい時に民間で言い伝えられる激辛料理のことわざを聞いたことがある。湖南人は”辛くないのを恐れる”、四川人は”辛さを恐れない”、江西人は”辛くても大丈夫”。

就職後、出張で各地域に行くことが多くなり、自分の経験からこのランキングを作成したという。

 

ソース:http://money.hexun.com/2013-05-23/154423419.html

チャイナなう編集室