“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

武漢 旦那の小遣いは1000元以内であるべきが7割


2013年5月23日、楚天都市報

旦那の小遣い

”奥さんが家の財布を握ってるので、毎月300元(約4500円)の小遣いしかくれない。先日、会社の同僚と麻雀することになり、奥さんに何度も頼み込んで、やっと小遣い以外に500元(約7500円)くれた。”

先日、武昌南湖に住む林さんは記者に対して、こんな”屈辱”は耐えられないと愚痴をこぼした。しかし、林さんの奥さんは旦那が頻繁に麻雀や飲み会に行かないように小遣いを制限したいと思っているので、夫婦は口喧嘩になり、一時険悪な雰囲気になった。

武漢の奥さんは毎月旦那に幾ら小遣いをあげればいい?

記者がネットでアンケートを出したところ、163名のネットユーザーがアンケートに参加した。アンケートの結果、6割のネットユーザーは毎月の小遣いは500元(約7500円)から1000元(約1万5000円)が妥当と回答し、3割は1000元以上でもいいと答えた。ただし、残りの1割は毎月の小遣いは500元(約7500円)以下にすべきと考えている。

 

ソース:http://news.ctdsb.net/yaowen/2013/0523/138794.shtml

チャイナなう編集室