“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

韓国美容成形医師の週末は”中国通い” 費用は韓国の10倍


2013年5月27日、国際オンライン

韓国美容整形医師

韓国美容成形医師の”中国通い”は業界トレンドのようだ。ソウル江南区にあるBK美容成形クリニック院長の金柄鍵は、毎週週末中国に通い続けいている。彼は毎月上海に2回、北京に2回、今年の2月と3月は香港と昆明にも足を伸ばした。

報道によると、BK美容成形クリニックはソウル江南の5大美容成形クリニックのひとつで、クリニックの公式サイトには、院長の中国診療日程を詳しく載せている。このほか、患者は中国語で電話や電子メールで問い合わせることができるほか、公式サイトから手術メニューや料金について問い合わせることもできる。

ソウル江南区大峙洞にある美容成形クリニック院長の林種学の話では、”正確な統計データはないが、週末中国に行く美容成形医師は50から100名はいる。毎回中国に行く時、空港で必ず見覚えのある顔を見かける”。

ある匿名希望の美容成形医師は、”北京と上海では、既に韓国美容成形医師が飽和状態にある。最近、韓国医師たちは鄭州、重慶、成都などの中西部都市に行くようになった”という。仁川から美女の産地として有名な重慶や成都まで飛行機でわずか4時間。業界内では、”中国でオペをしてから帰って来る医師の疲れがまだ取れない月曜日は、手術を受けないほうがいい”という冗談がささやかれるほどである。

韓国の美容成形医師の中国進出はかなり順調に進んでいる。中国国家衛生と計画生育委員会の規定によると、短期医療許可を取得した外国籍医師は、1年を超えない臨床診察や医療業務に携わることができる。”短期医療許可”は各省市が発行するが、韓国の医師証明書を提示し、実務体験を経れば、取得することは比較的容易である。

中国語と韓国語に精通する仲介者は積極的に営業活動し、地元病院に韓国の美容成形医師を紹介する。仲介業者は医師の往復航空チケットや宿泊ホテル、食費、出張日当などの交渉もサポートし、長期契約のための資料作成とアドバイスも行う。

中国地元病院は週末診療に来る韓国の美容成形医師に報酬を支払う。契約によって金額は異なるが、美容成形の技術が未発達の中国で、施術項目ごと費用の格差はまちまちだが、概ね韓国国内料金の1.5倍から2倍である。中には難易度の高い施術だと、韓国の10倍になることもある。最近、韓国医師は施術費のほかに”指名料”を取るようになった。指名料は毎回2万元(約30万円)から3万元(約45万円)に上る。

韓国では、韓国籍医師が毎週末中国に稼ぎに行くことに残念と考えるひともいるようだ。彼らは、医師が中国に診療に行くのではなく、韓国で施術を受けてもらうことで、航空会社、ホテル、レストラン、ショッピングモールなどにもたらす経済効果がもっと大きいと主張する。

 

ソース:http://world.people.com.cn/n/2013/0527/c157278-21629049.html

チャイナなう編集室