“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

中国初 道路鉄道両用海峡大橋 建設へ


2013年5月27日、中国新聞網

大橋

中国鉄道大橋院集団によると、当該集団が設計した福州ー平潭鉄道平潭海峡大橋のドラフト案は中国鉄道総公司と福建省政府の承認を得て、平潭海峡大橋は中国で初めての道路と鉄道両用の海峡大橋となる。福州ー平潭鉄道は全長88.433キロで、そのうち海峡を跨ぐ区間は計16.322キロである。

平潭海峡大橋は福州ー平潭鉄道の海峡を超える大部分を占め、松下から大練島まで全長11.15キロあり、その中、鉄道と道路が並走する区間は9.227キロ、鉄道のみの区間が1.923キロである。鉄道と道路が並走する部分は二層構造となっており、下層は複線の鉄道レールが走り、上層は6車線の高速道路になる。大橋の建設工事は、3つの吊り橋、吊り橋と陸と接続する橋、鉄道工事の3つで構成されており、総工事費は109.04億元(約1800億円)に上る。

 

ソース:http://news.sina.com.cn/c/p/2013-05-27/192027238940.shtml

チャイナなう編集室