“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

乗り逃げは記録される


2013年5月30日、新聞晨報

乗り逃げ

昨日午前、上海地下鉄の莘庄駅、婁山関路駅、楊樹浦路駅、成山路駅で一斉に乗り逃げの取り締まりが実施され、4つの駅で合計135人が検挙された。今回の取り締まりには、これまでにない作業項目が追加された。乗り逃げしようとした違反者の身分証明書番号が書き留められ、市の専門部署に渡されて個人照合システムにインプットされる。

これまで地下鉄での乗り逃げに対する罰則はチケット価格の5倍の罰金であった。しかし、昨日の取り締まりで、地下鉄管理会社が乗り逃げ違反者の情報を専門部署に渡し、それが個人照合システムに記録されるようになったと分かると、多くの乗客は”すごい!”と賞賛した。

地下鉄利用者の陳さんによると、”乗り逃げしても罰金50元(約750円)。何回かやれば、罰金の元が取れてしまう。しかし、乗り逃げが個人照合システムに記録されるとなると、今後の社会福祉、ローン、優遇金利などで不便になるので、このやり方は常習者にとって大きな打撃になるだけでなく、乗り逃げをやろうとするひとに対しても大きな抑止力が働くことになる”。

 

ソース:http://sh.qq.com/a/20130530/000023.htm

チャイナなう編集室