“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

大卒生起業支援 登録費用など免除


2013年6月23日、新京報

4641

居住委員会の許可があれば会社登録可能

今年全国大学卒業生は699万人に達し、2012年の未就職卒業生の21.2万人を入れると、合計720万人に上る。就職市場は厳しさを増すばかりだ。工商総局は今回のパブリックコメントでは会社登録に優遇措置を設け、大学卒業生の起業に向けた事前相談、会社登録、事後フォローなどの一貫した支援サービスを提供する。

株式会社だろうと、個人事業主だろうと、会社登録に事務所の権利書を提出する必要がある。しかし、実際は一部の賃貸物件で権利書が手に入らないことがある。再開発で取り壊しの予定がある場合、オーナーが権利書を渡さない場合など、権利書がないため会社登記ができないケースがある。

パブリックコメントでは、大学卒業生が起業するハードルを下げるために、会社登録制度を緩和すると謳っている。もし起業する大学卒業生が事務所の権利書を用意できない場合、商業施設、団地管理会社、街の住民管理委員会などが作成した当該場所での営業活動を許可する文書があれば、会社登記ができるようになる。

起業する大卒生の会社登録費用を免除

このほか、起業費用を免除することで、大学卒業生の起業負担を軽減する。大卒生起業を支援する優遇政策を引き続き推進するとともに、会社登録費用を免除し、大卒生が起業しやすくする。2年以内に大学を卒業して個人事業主になった場合、最初の会社登記から3年間は各種手続きや証明書取得の手数料が免除される。

同時に、知的財産など非金銭的資産による出資を奨励し、特許や意匠申請を必要としない独自技術を初期出資金として認めることとする。

ソース:http://politics.people.com.cn/n/2013/0623/c1001-21938447.html

チャイナなう編集室