“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

アジアの給与格差は世界一


2013年7月16日、中財網

4786コンサルティング会社Hay Groupが公表したレポートによると、アジアにおける部門長など中間管理職の給与はオフィスで働く平社員の給与の14倍以上であり、世界で最も格差が大きい。

レポートでは具体例を挙げながら、アジアの給与格差は北米(3.5倍)やヨーロッパ(2.9倍)より遥かに上回り、更に中東(11.9倍)や中南米(10.2倍)をも上回ったことを示した。

Hay Groupの総経理Thomas Higginsはこう分析する。新興国の給与格差は先進国より大きいのは、その最も大きな原因として、新興国において経験豊富な人材を奪い合い、人材争奪戦が管理職人材の給与を押し上げた。

パキスタンやエジプトのような給与格差が極端に大きい国では、貧富が二極化され、富裕増と貧困層の間に緊張関係が生まれる。

パキスタンのカラチは世界で最も給与格差が大きい都市である。カラチでは、中間管理職の給与はブルーワーカーの22.5倍。しかし、一部の東南アジアの都市も給与格差のトップ10入りしている。その中には、上海(18.5倍)、デリー(18.3倍)、北京(18倍)、ムンバイ(16.6倍)、バンコク(16.6倍)が含まれる。2012年の世界平均水準は8.4倍。

アジアの給与格差が拡大し続けていることが大きな注目を集めている。アジア開発銀行が昨年発表したレポートによると、給与格差が継続的に拡大する要因に、技術の進歩、グローバル化と市場化改革が含まれるという。これらの要因は都市で生活する者、高いスキルを持つ者、資本を持つ者に有利である。

今年の始めに、中国国務院は拡大し続ける貧富の差を縮小すると宣言した。方法として、社会保障制度の改善と富裕層への課税を挙げた。

Hay Groupの調査で分かったことは、全体的に見て、ジュネーブのブルーワーカーの購買力が最も強く、その購買力はニューヨークのブルーワーカーの166%にもなる。一方、カタールのドーハの上層管理職は世界で最も購買力が強く、ニューヨークの上層管理職の366%である。

東欧とアジアのブルーワーカーの購買力は比較的弱いが、中間管理職と上層管理職の購買力は比較的強く、西側諸国よりも高い場合もある。

レポートでは、正規社員を雇用した場合の基本給を除く諸コストについても考察した。それには企業が負担する年金や傷害保険、福利厚生などが含まれる。世界で最も高いのはどこの社員?答えはチューリッヒの現場社員で、そのコストはニューヨークより75%も高い。

ソース:http://www.cfi.net.cn/p20130716000066.html

チャイナなう編集室