“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

男性化粧品消費額は上海・北京・湖北の順


2013年8月10日、荊楚網

4868淘宝網(中国最大ECサイト)で買い物をする湖北男性は、平均毎回90元(約1400円)を消費する。最近、ある調査会社が発表したデータによると、淘宝の男性スキンケア化粧品客単価の省ごとランキングでは、湖北の男性は”面子”に使うお金の金額は全国3位に入った。上海の120元(約1880円)と北京の115元(約1800円)よりは少ないが、江蘇・浙江地方や東北地方などの地域の男性を大きく引き離した。

連日、記者は武漢にある幾つかのデパートを取材したところ、一部の有名ブランドのショーケースの中には、男性用スキンケア3点セットに1600元(約2万5000円)の値が付いているが、売れ行きは好調だという。販売員によると、毎年スキンケアに5、6000元(約8、9万円)を使う武漢男性は少なくないという。

湖北男性”面子”費が全国3位

客単価が全国3位に入っただけでなく、淘宝男性スキンケア部門の購入金額合計でも、湖南男性は全国7位に入った。

淘宝網で調べてみると、現在淘宝で人気の男性スキンケア商品の単価は29元(約450円)から350元(約5500円)とまちまちだ。湖南男性の客単価が90元であることから推測すると、恐らくひとりあたり毎回洗顔料とスキンローションの2つを買っている計算になる。

淘宝網で”男性スキンケア”で検索し、ショップの所在地を”湖北”と指定すると、700軒のショップがヒットした。

その中の1軒を覗いてみると、最近30日でスキン乳液とスキンローションの販売個数はそれおれ200個以上であった。ショップのオーナーによると、購入する顧客の90%以上は男性で、殆どが自分のために購入しているとのこと。

輸入商品は値段が高いほど人気

ネットショッピングはかなり盛況のようだが、実店舗の消費はどうだろう?記者は武漢国際広場、群光広場、世貿広場などのデパートの化粧品コーナーを取材したところ、確かに自分の見た目にお金をつぎ込む武漢男性は少なくない。

武漢国際広場、群光広場などのデパートのスキンケア専門コーナーでは、80%近くの売り場で男性用スキンケアを陳列販売している。あるフランス製スキンケアの売り場で、販売員は記者に30代男性向けのスキンケアセットを勧めた。洗顔料、スキンローションとスキン乳液の3点セットで値段は960元(約1万5000円)だった。”これはうちで一番安いセットで、ほかには40歳以上男性向けのセットもありますが、同じ3点セットで1600元(約2万5000円)になります。”

ほかの日本製スキンケア化粧品の売り場では、洗顔液1本、2本の昼用と夜用のクリーム、スキンローション1本のセットで、3〜4ヶ月間持つが、値段は2220元(約3万5000円)で、しかも年中値引きなし。それに関わらず、夜用スキン保護液と目元用スキン保護液には、”在庫なし”のシールが貼られていた。

スキンケアだけでなく、一部化粧品も武漢男性に人気

あるフランス製化粧品売り場で、店員は顧客に男性用ファンデーション液を説明していた。30mlで値段は450元(約7000円)、オシャレな格好をした男性が丁度それを試していた。その男性との世間話の中で、彼は韓国留学から帰って来て、ファンデーションを塗らないと、出かける時は違和感を感じるとのことが分かった。最終的に、この男性はファンデーションと一緒に370元(約5800円)の化粧落としも購入した。”いま武漢でファンデーションを塗る男性はどんどん増えている。この商品は色が自然であることから凄く人気があり、うちの店も頻繁に商品を補充している”と店員が教えてくれた。

主な消費者層は2、30代の男性

武漢広場のあるスキンケア売り場で、今年22歳になる武漢男性楊さんを取材した。彼は彼女のためにスキンケアを買うために来たのではなく、自分用に1000元あまり(約1万6000円)もするスキンローションを買いに来たのだ。”このローションはずっと使っている。これで4本目だ”。楊さんは四半期に1本の頻度で使っており、1年間でこのスキンローションだけで5000元(約8万円)近い出費となる。楊さんのように、毎年数千元をスキンケアに使う武漢男性は少なくない。

SEPHORAの武漢支店では、世界各国の男性スキンケア商品を2つショーケースいっぱいに陳列している。店舗責任者の何さんによると、いまスキンケアを買いに来る男性は20〜30歳に集中しており、”弊社には中年男性向けの商品もありますが、このジャンルの商品の売上は比較的小さく、しかも殆どが奥さんが代わりに買いに来ます。”

データによれば、近年、化粧品市場の年齢・性別の細分化が進んでいる。国際市場では、約39%の男性が男性用化粧品を使用しており、特に最近2年で男性用化粧品の売上伸び率が50%を超える。

業界関係者によると、海外市場と比べれば、中国の男性用化粧品市場は比較的遅れている。しかし、その成長速度が速く、2007年の売上15億元(約230億円)から2012年の売上は既に40億元(約620億円)を突破した。近年、中国の男性用化粧品市場は主に洗顔液などのスキンケア製品に集中していたが、いまは少し洗顔からより高機能な商品にシフトしつつある。

ソース:http://news.163.com/13/0810/09/95TIJVJD00011229.html

チャイナなう編集室