“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

”旅行法”で団体ツアーは全面値上げへ


2013年8月16日、東方早報

4902

中国で初めての”旅行法”が今年の10月1日より施行される。当該法律の中では、原価割れの激安ツアーを禁止するとともに、ショッピングを観光コースに無理矢理入れることや、買い物を強要することを禁止する。そのため、団体ツアーの価格が大幅に値上げすると予想され、旅行業界が大きな打撃を受ける。

国慶節の旅行は値上がりする傾向にあるが、”旅行法”の施行で観光客はより一層、観光コースを変えたり、買い物を減らしたりするなどの見直しを迫られそう。業界関係者は、新法の施行で国慶節の連休における一部の観光料金が50%の値上がり、または倍になる可能性があると懸念する。

国慶節の価格は2倍に

10月1日より、原価割れの激安ツアーの終焉とともに、ツアー団による買い物、買い物の強要などの行為が禁止事項となるため、旅行会社の経営コストが著しく高くなり、団体ツアーの価格も値上がり必至の状態。既に、海外観光ツアーの価格は10%から30%値上がりしており、一部の売れ筋ツアーの値上がり幅は40%を超え、国慶節の期間では値上がり率が100%に達する。

人気の「フランス・スイス・イタリア3ヵ国10日間のツアー」を例に取ると、いま旅行会社が出している値段は1.3万元〜1.5万元(約20万〜24万円)であるが、行程にはパリの香水店や免税店での買い物が含まれている。イタリアの田舎町では、必ずロミオとジュリエットのふるさとを自費で観光しなければならない。スイスでは、自費で指定されたレストランでの食事が含まれる。業界関係者によると、これらの観光コースからの利益を入れると、旅行会社の売上は1.8万元(約29万円)になるという。

海外旅行と同じように、国内観光も団体ツアーと見なした場合、同様に値上げが予想される。業界関係者によると、もし”旅行法”厳格に執行した場合、国内観光ツアーの多くはフリープランを増やすか、そうでなければ、団体と一緒に行動するツアーは全て”団体ツアー”に分類される。

”例えば、武夷山の団体ツアーは、昨年の国慶節の価格は1599元(約2万4000円)だったが、今年の国慶節は1899元(約3万円)になる。各観光スポットの利益が変わらないと仮定すれば、値上げの分には新しく増やした”梅古民居”の観光などが含まれる。これはかつてオプションツアーだったが、今回からコースに組み込まれた。入場料168元(約2700円)の印象派パフォーマンスも行程に含まれる。”上海大通旅行の責任者によると、販売価格は全面的に値上げとなるが、概ね正常な値上げである。

多くの旅行会社も、三亜、廈門、桂林などの人気観光地でのフリープランを増やしている。”我々の販売比率の中で、人気コースのフリープランの割合は50%を超え、場所によって80%に達する”。旅行会社の責任者によると、フリープランでは、観光客は旅行会社に飛行機(または観光バス)とホテル代のみを支払い、あとは全部自己負担する内容となっている。

業界の声:ショッピングがより楽しくなる

新法はもうすぐ施行されるが、多く旅行会社はいまだ様子見をしている段階にあり、国慶節連休の観光コースと価格をまだ発表していない。多くの観光客も態度を保留している状態で、安易に手を出さない構えだ。業界関係者は、”旅行法”が施行されることで、観光商品の価格は理性的な水準に落ち着き、観光客を奪い合うために価格競争に走るのではなく、各社が同じ条件の中でサービスを競い合うことになるだろうと期待している。

”実際、’旅行法’を守るためには、観光サービスの各プロセスにおける標準化と透明化を図ることが大事である”と上海国旅の国内部門経理の張建権が強調する。昨年より、旅行会社は既に海南や雲南などのクレーム多発地域において、出発前に宿泊ホテル、毎回の食事のメニュー、観光スポットの詳細情報と費用を観光客に提示するサービスを試験的に実施している。もし観光客に不満があれば、無料で”やり直し観光”ができる。”この商品は試験的提供して以来、計500人あまりのツアー団体が参加したが、クレームは1件もなく、”やり直し観光”もなかった。”

”旅行法”後、全てのツアーで買い物ツアーやオプションツアーがなくなる?

業界関係者はこれには否定的だ。”買い物スポットが一般公開されているかどうかによる。例えば、フランスのラファイエット百貨店なら問題ない。”上海青旅の海外観光担当者周迎風はこう補足する。ツアーガイドが観光客を一般公開された買い物スポットに連れて行っても、ショップからキックバックをもらえない。オプションツアーについては、必ず事前に観光客と協議し、それを行程の中に明記すること。”オプションツアー客だけを案内して、ほかの観光客をほったらかしにしてはならない”。

ソース:http://www.dfdaily.com/html/3/2013/8/16/1054261.shtml

チャイナなう編集室