“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

太っ腹社長:春節休暇23日+特別ボーナス+iPhone5s!


ネットで羨望の的となっている春節休暇通知

1昨日、ネットで寧波にある企業の春節休暇通知が掲載されて、話題となっている。通知書:春節休暇は23日間、年末ボーナスのほかに家族手当として特別ボーナス8800元(約15万円)を支給し、春節帰省の交通費はすべて会社が負担し、さらに社員全員にiPhone5sを贈呈する!

この情報が投稿されると、ネットですぐに注目を集めた。“どこの金持ち企業だ?”、“気前が良過ぎるだろ!”、“求人やってないかな?”などの反応が多数寄せられた。また、羨ましいコメントのほか、“やらせ”ではないかと懐疑の目を向けるひともいる。

ネットで掲載された通知書の写真には、社印が捺印されているが、肝心の会社名にぼかしが入れられており、識別することができない。

これは本当なのかどうか?我々も知りたかった。

そこで、いろいろ大変な思いをして、昨日記者がやっとその会社を突き止めることができた。この会社は寧波市海曙区藍天路のあるビルの中にあるデザイン会社で、会社の中にネットで転送されている写真と同じ春節休暇を知らせる通知書が貼られていた。

通知書にはこう書いてあった。

休暇期間は1月25日から2月16日までとする。年末ボーナスのほかに、家族サービスを奨励するために特別ボーナス8800元を支給する。春節帰省の交通費は2000元を上限としてすべて会社が負担する。会社の一体感を強化するため、全員にiPhone5sを進呈する。

社長:いま求人してない

記者がざっくり計算したところ、この通知書通りに行くと、この会社は凡そ7、8万元(約120万円)の負担となる。 社長の董国坤氏は記者に会社の概要を紹介してくれた。この会社は昨年9月に設立した会社で、社員はそんなに多くなく、たった5人で、いつも社員同士は家族のように接している。今回の決定に対して董社長は、社員の努力のお陰で会社が良い業績を収めることができたので、今回の措置は社員に感謝の気持ちを表したかったと述べた。

“デザインというのは、通常は非常に忙しく、徹夜も日常茶飯事で、とても大変な仕事なんだ”。こう語る董社長によると、来年の仕事はすべて2月16日以降にずらしたので、長い休暇を取っても仕事に影響はなく、社員たちもゆっくり休むことができて、体調を整えることができる。

この休暇通知がネットで転送されると、董社長にたくさんの入社希望のメッセージが届いた。ネットで“やらせ”ではないか?とのコメントに対して、董社長は“我々はデザイン会社で、固定顧客を持っており、このような“やらせ”をやる必要は全くない”と否定した。このようにしたのは、社員がハッピーになって、初めて会社に発展があると思ったからだという。

最後に、董社長はこう付け加えた。“いま、ひとは足りてるので。”

チャイナなう編集室