“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

富裕層の新標準 ー 女ボディーガード


Female recruits using rubber guns practice how to disarm an attacker during a training session for China's first female bodyguards in Beijing楊東蘭の職歴はかなり異色だ。22歳の彼女は化粧品販売で生計を立てていたが、1年前彼女は手の中の化粧品をヌンチャクに持ち替え、厳しくて激しいボディーガードの訓練に参加した。

楊東蘭は北京天驕国際安全学院でカリキュラムを修了した。2008年から創設されたこの学校は、増え続けるVIPのためにボディーガードを提供している。学院の創業者陳永青もかつてはボディーガードだった。彼はボディーガードのニーズに気付き、まだ始まったばかりのこの市場に身を投じる決心をした。

“胡潤億万長者レポート”の統計によると、2013年、中国には317名の億万長者がおり、アメリカに次いで世界2位。”我々は生徒に身体的訓練のほかに、お酒の飲み方などの教育も行っている”と陳氏が説明する。陳氏によると、女子生徒の人数は増え続けているという。女ボディーガードは男性より強みがあり、特にいまは女性の億万長者が増え続けている。”女性の雇い主、または雇い主の家族にとって、女ボディーガードはより魅力がある”。

楊東蘭が受けた訓練カリキュラムの期間は3週間、費用は1.28万元(20万円)。様々な経歴を持つ女性たちが訓練を受けた。最近だと、卒業したばかりの徐思と張敏は、子供の時兵士になりたかったが、ボディーガードになる前の職業は販売員と教師だった。訓練を受けたほかの女性の中には、ただ経験してみたいというひともいる。OLの董さんは、ボディーガードになるかどうかは分からないという。彼女はこの訓練を経験することで、自分がもっと強くなれると信じる。

陳永青は、多くの要素が女ボディーガードが増え続ける原因となっていると見ている。例えば、就職率の低迷、高収入への憧れ、有名人に会いたい、人生の経験を積みたいなどなど。ただ、重要なのは、中国女性の自信が確実に高まっている。

楊東蘭はボディーガードになってもうすぐ1年になる。リスクはあるが、仕事を変えようと思ったことはないという。“私はこの仕事をやり続けると思う。いまはまだ長い旅の始まりでしかない”。
元記事:http://m.news.cn/entityitem/1907/20140118/7020496_-1_x_.shtml

チャイナなう編集室