“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

[PR] 神の草「日向当帰」


[日向当帰とは]
ヒュウガトウキは江戸時代から薩摩藩で「神の草」と呼ばれ、秘薬として珍重されて来ました。大分県南部と宮崎県北部の山間部という限られた地域だけに自生するヒュウガトウキは希少性が高く、野生のヒュウガトウキは絶滅危惧種に指定されています。戦後(1950年)林吉活がヒュウガトウキの人工栽培に成功すると、ヒュウガトウキは再び健康食品として注目を集めるようになりました。1980年代に入るとヒュウガトウキに関わる医学研究が盛んになり、ヒュウガトウキの効用は医学的臨床試験でも実証され、そして2002年にヒュウガトウキの根は厚生労働省によって医薬品として認定されています。
日向当帰1

日向当帰2
[お問い合わせ先]
日向当帰に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。
高千穂郷日向当帰研究会
HP:  http://www.hyugatouki.org
Email: info@hyugatouki.org

チャイナなう編集室