“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

中国人が世界奢侈品の47%を消費


1

財富品質研究院への取材で分かったことだが、昨年世界奢侈品市場は各方面で逆風が吹いたが、それでも世界奢侈品市場の総売上高は2,170億ドル(22兆円)という新記録を創り、前年比11%の成長率だった。また、データによると、中国人が世界の47%の奢侈品を買っていた。

統計によると、中国奢侈品市場の昨年国内総売上高は280億ドル(2兆8000億円)で、成長率は3%。しかし、海外消費はさらに増え740億ドル(7兆5000億円)に達し、すなわち中国人が消費した奢侈品は合計で1,020億ドル(10兆円)となる。これはつまり、中国人は世界の47%の奢侈品を買っていることになり、世界の奢侈品市場で文句なしの最大顧客である。

いま、有名ブランドは殆ど中国進出を果たしており、有名ブランドの海外店舗でも、殆ど中国語ができる店員を配置している。中国人観光客へのサービス強化がすべての奢侈品ブランドにとっての最重要の経営課題と販売戦略である。

中国国内の奢侈品ブランドも成長が著しく、ブランドイメージや売上もアップしている。しかし、同時に、海外の奢侈品ブランドも国内優良ブランドのM&Aを加速させており、またM&Aを通して、それらのブランドにもたらしたシナジー効果で、多くの国内ブランドはM&A後にいい業績を残している。

このほか、中国の巨大消費市場をバックに、中国資本も海外の奢侈品ブランドの買収に乗り出し、主役は国内の大企業と上場企業である。しかし、マネージメント能力や経営戦略などに問題があり、まだ成功事例は少ない。

 

元記事:http://finance.qq.com/a/20140221/006022.htm

チャイナなう編集室