“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

800万円の熱帯魚!


001

長さ60センチ、幅18センチの金色アジアアロワナに48万元(800万円)の値が付いた。3LDKのマンションが買える値段だ。

江寧東山商場園の中にある熱帯魚ショップにその魚がいる。全身金色の金龍魚はその口ひげと鱗はまるで伝説の龍のひげと鱗のようで、多くの愛好家たちはわざわざ遠くから見に来るほどの人気ぶり。ただ、48万元という高値に愛好家たちからため息が出るばかり。

ショップの店員によると、この金龍魚は4歳、原生はアマゾン川流域で、熱帯魚に属し、28度以上の水温でしか生息できないとのこと。成長が遅いため、エサにもすごく神経を使う。

金龍魚のコンディションの善し悪しは直接身体の色に出る。ずっと見守ってあげなければならないほか、頻繁に水を替えて水槽内を常に清潔に保たなければならない。金龍魚は肉食なので、エサに小魚や小エビを使用し、毎月のエサ代だけで1500元(2万4000円)かかる。

中国の香港・マカオ地域では、100万元(1800万円)以上の金龍魚もおり、富裕層のステータスとして珍重されている。金龍魚はまた神の魚と見なされ、無病息災の御利益があると言われ、よく風水を良くするために飼われることが多い。

 

元記事:http://news.qq.com/a/20140301/007466.htm

チャイナなう編集室