“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

消費の主力は誰?


1

ショッピングモールやスーパーの主な利用者

2

▲利用者の世代収入

 

3

▲利用者の年齢分布

 

ネットショッピングの主な利用者

4

▲利用者年齢分布

 

5

▲利用者世代収入

 

若い女性は世代の消費に大きな影響力を持つ

6

▲解説(左から右、上から下):◎63%の中国人女性は家庭消費の決定権を持っている。◎38%の中国人女性は家計を握っている。◎商品の切替:多くの女性は男性のために新商品の男性用品を買う。◎多くの男性は女性の影響でスキンローションを使用し始める。◎一部の購買行為に対して、男性は依然決定権を持っている。男性が車と金融商品のサイトにアクセスする頻度は女性の1.5倍から2倍。滞在時間は3倍に達する。

 

消費者の主な特徴

7
▲解説(上から下):◎高い教育水準と成熟した購買経験。◎増え続ける中流階級。◎女性は日常用品の購買に対する決定権が大きい

 

消費者はどこで買い物をするのか?

全国の小売店鋪の総数は昨年より若干減少し、最新の販売チャンネルと伝統的販売チャンネル以外の販売チャンネルは概ね減少傾向にある。最新の販売チャンネルの総店舗数は15%増え、伝統的な販売チャンネルは昨年から横ばい状態。4つの最新販売チャンネルは店舗数はすべて増加傾向にあり、特にコンビにと小型スーパーの成長が目覚ましい。

 

伝統的販売チャンネルの展望

伝統的販売チャンネルの店舗数は減少傾向を続けており、カウンター式小売店、日用品店とアイスクリーム販売店などの減少が主な要因。化粧品店とセフル式小売店はまだ増加傾向にあり、特に化粧品店は1級2級都市で成長し続けている。

 

販売チャンネルの多様化競争

8
▲解説(左から右):◎ショッピングモール/スーパー(18%減)、◎個人経営店(89%増)、◎コンビニエンスストア(92%増)、◎ネットショッピング(210%増)

 

最も人気のあるECサイトは?

9
▲解説(左から右):◎衣服/アクセサリー/靴下・帽子/カバン、◎本/CD/ビデオ、◎生活用品/家庭用品、◎バーチャル/店員用品、◎家電/携帯電話/携帯電話番号、◎マタニティーグッズ、◎化粧品/スキンケアなど、◎包装食品/健康食品

ファストショップ市場の中で、淘宝網、天猫と京東城が最も人気のあるECサイトである。

 

買い物客は何を買っているのか?

10
▲解説(左から右):◎生活水準(モデルチェンジ、輸入商品、便利商品、新たな生活方式)、◎健康へのニーズ(低脂肪、低糖、消化を助ける、高機能な健康食品)、◎市場の細分化(高品質化、高齢者向け商品、子供向け商品、男性向け商品)、趣味娯楽(複合商品、新体験、新たな味覚、斬新な包装)

 

買い物客の購買意欲を刺激するには?

12

小売業界はいろいろな記念日を仕掛け、それによって買い物客の購買意欲を刺激しようとしている。

 

どうすれば成功するのか?

<リアル店舗>
高品質な接客サービスを提供すること、入口を広くし、くつろげる店内にすることで、買い物客の消費体験を改善し、それによる競争他社との差別化を図る。

<商品>
品揃えのポイントは商品のトレンドを把握し、消費者のニーズに素早く対応すること。主な消費トレンドとして:生活水準の改善、健康への追求、市場の細分化、中国伝統と趣味娯楽。商品の特徴に応じて異なる販売戦略を講じること。例えば、モデルチェンジ、パッケージを変える、パッケージを豪華にする、などの戦略が挙げられる。ウィスキー、ビスケットなどの御菓子類とワインなどの輸入品の伸びが著しい。

<販売促進>
新たな記念日を作って消費を刺激し、売上アップにつなげる。セール対象商品を絞り、セール価格を機動的に修正することで、セールの効果を最大限に上げる。

 

元記事:http://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MjM5NjAxMzU4MQ==&mid=200051085&idx=1&sn=0a3f5ac4e102ce25d46d41d80daea1ac

チャイナなう編集室