“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

【笑い話】中国人とドイツ人とインド人


0

天国の宮殿が壊れたので、神様は改修工事の入札を出した。

インド人:3000でやります。内訳は材料費1000、人件費1000、利益1000。

ドイツ人:6000ならやります。材料費2000、人件費2000、利益2000。

中国人は慌てずに:9000でやりましょう。3000をあなたにあげる、3000は私がもらう、残り3000をインド人にあげて工事をやらせる。

神様:中国人落札!

 

 

そのあと、地獄の門が壊れた。閻魔大王は神様の教訓から、入札価格を3000までに制限した。

ドイツ人はチラっと見て、去って行った。

インド人は3000で入札した。

中国人は審査員に500をあげて、3000で入札し、また落札した。

ドイツ人とインド人は不思議がった。その後、中国人は500で材料を買って、500で人件費を払って、半分工事が終わったところで工事を止めた。半年間そのまま放置した結果、閻魔大王は仕方なくさらに3000を出して、やっと工事を完成させた。

 

 

今度は天国と地獄を繋ぐエレベーターが壊れた。過去2回の教訓から、入札条件は価格が3000までで、中断なく工事を終了させることを条件とした。

ドイツ人はまた来て、チラっと見て、また去って行った。

インド人は3000で入札した。

中国人も3000で入札し、工事完了後マオタイ酒(中国高級白酒)をプレゼントするとオプションを付けて、また落札した。

お金をもらったあと、中国人は工事を始めた。材料費に500、人件費に500。工事完了後、神様は検収員を遣わした。事前に中国人から500をもらった検収員は“合格”と報告した。

間もなくエレベーターが故障した。安全検査、品質チェックの担当者(みんなお金をもらっている)は口を揃えて“重量オーバー”が原因だと言って、作り直しを提案する。神様は結局追加資金9000でエレベーターを作り直すはめになった。

 

 

またまた、天国と人間界と繋がる扉が壊れた。死んだ人は天国に行くことができないし、下界に回生する人もそこを通ることができない。この問題はかなり深刻で、神様と閻魔大王が慌てた。

過去の教訓から、天国は入札価格を3000までに制限し、更に監査人と審査員を現場に派遣することにした。さらに、保証期間1億年を要求した。

ドイツ人はそれを聞いて一目散に逃げた。

インド人は3000で入札した。

中国人も入札し、さらに無料保守期間を2億年とした。ただし、1億年間の管理権を求めた。神様と閻魔大王はそれを許可した。

中国人が扉を修理した後、入口に料金所を作った。死んだ人が天国に行くのに500、下界に回生するのも500と両方向からお金を取った。しかも料金に上限を設けず、500ならヨーロッパで受胎させ、1000ならアメリカで受胎させ、払わない人は一律中国で受胎させた。

 

チャイナなう編集室