“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

新「消費者権益保護法」3月15日スタート


 

13月15日より施行される新「消費者権益保護法」では、ネットショッピングで(不具合があった場合)先に賠償を行うこと、ネットショッピングで購入した商品の7日以内無条件返品可能などの条項が盛り込まれているほか、日常用品に対しても規制条項を設け、この新「消費者法」で消費者が自分の権利を守ることが果たしてできるようになるだろうか?

 

新「消費者法」で、何が守られるのか?

冬の間ずっと審議され続けた新「消費者権益保護法」は、3月15日に正式に施行される。その中で、ネットショッピング、詐欺被害に対する補償、権利侵害に関わる告発、消費者の個人情報保護など、日常用品業界が深く関わる条項が多く含まれている。業界内関係者は、新法の施行により、優良企業のさらなる経営改善を促し、不正企業の淘汰を促進することで、日常用品の消費市場の秩序がさらに強化されると期待を寄せている。

 

新「消費者法」は3月15日よりスタート

昨年10月25日、全国人民代表大会乗務委員会第5回会議の採決で「消費者権益保護法」を見直すことが可決された。これは「消費者権益保護法」が公布されてから20年近くの間、初めての大きな改訂となる。今年、新しく改訂された「消費者権益保護法」(以下、新「消費者法」)は3月15日に正式に施行される。

成長著しい日常用品のECサイトに対して、新「消費者法」はネットショッピングで起きた瑕疵について、損害賠償を先に履行することを求めている。中国人民大学商法研究所所長、中国消費者協会副会長の劉俊海氏は、ECサイト運営側にECサイト内の取引に対して監視する権利があるだけでなく、その義務を負っているとの見解を示す。なぜなら、取引はECサイトのルールに従って行われており、ECサイトは消費者の委託を受けてサイト運営していると見なすことができるので、当然消費者の権利を保証する義務がある。

このほか、新「消費者法」の中で定められた詐欺行為による損失の“3倍返し”や、購入後7日間内の無条件返品などの条項も、消費者にとってより大きな権利を獲得したことになる。また、立証責任を企業側に求める条項では特に内装工事業者に言及し、消費者がサービスを受けて6ヶ月間内に瑕疵に関する争議が発生した場合、企業側が瑕疵有無の立証責任を負うとした。

 

新法は消費者市場の秩序強化を促進

近年、日常用品業界では、ニセモノ商品や違反業務などの問題が頻出し、業界全体のイメージを著しく損なわれている。消費者はクレームをしようとしても、証明責任が告訴側にあるので、仕方なく黙ったまま我慢するしかなかった。

万家灯火の総経理張晶氏は、新「消費者法」はニセモノ商品を販売した場合の補償金額を引き上げ、不公平な契約条件を無効としたことで、消費者の利益を守ると同時に、違法な販売業者に対して厳罰を持って牽制する効果があると見ている。

新「消費者法」は企業に対してさらに高い条件を求めている。居然之家グループ経営管理部の運営責任者の梅旭航氏によると、居然之家は多くの業務規定は新「消費者法」を上を行っているが、新法でさらなる改善点もあると述べた。

今朝装飾グループ副総裁の汪暁兵氏も、新「消費者法」は消費者を守ると同時に、企業に対して本来あるべき形に立ち返るように迫るだけでなく、商品品質とサービス改善で消費者を惹き付けるよう求める条項に賛同している。

 

元記事:http://finance.inewsweek.cn/20140313,80254.html

チャイナなう編集室