“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

LINEのIP電話に法規制の壁


1

韓流ドラマの影響で瞬く間に人気となった携帯チャットアプリLINEは最近、インターネットを活用した低価なIP電話サービスLINECallを発表した。当社が公表したLINECallの通話料金表の中に中国国内通話料が含まれていることから、このサービスは中国でも利用できるようになるのではとウワサされている。しかし、現行法規制の問題は、LINECallが中国でのサービス開始はそんなに簡単ではないようだ。

LINEは韓国のネット企業NHNが開発した携帯チャットアプリで、このアプリは“LINECall”なるサービスを発表した。ユーザーはAndroid版LINEを使って固定電話や携帯電話向けに電話を掛けることができ、その通話料は伝統的な通信会社が提供する電話サービスより遥かに安い。

LINEが中国エリアの通話料金をも公表していることから、多くの人たちはLINECallは間もなく中国でも利用できるようになると予測している。しかし、国内通信関連法規に詳しい人なら、LINECallが使っているVoIPという技術は中国での利用が制限されていることを知っている。

中国モバイルインターネット産業連盟の秘書長李易氏によると、“国内電信業務管理規定”の中で、VoIPに対する規制はまだ緩和されておらず、インフラ通信事業者以外は、この技術を使ってIP電話サービスを提供することは禁じられているとのこと。

この理由から、騰訊の微信もたくさんの機能を備わっていながら、音声通話機能では、トランシーバーのように双方が交互に音声を送り合うことしかできず、電話のような音声通話サービスを提供できていない。LINECallがもし中国進出を考えているなら、同じようにこの問題に直面する。

ただし、LINECallはちょっとした裏技を使うことで実現可能になるかも知れないと李易氏は見ている。例えば、微信と同じように変化球で法規制を回避することができるし、また、上海の自由貿易区を使って、限定的なエリアになるが、試験的に当該サービスを提供することもできる。

 

元記事:http://wireless.iresearch.cn/app/20140320/228930.shtml

チャイナなう編集室