“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

コンビニ:上海は競争激化、北京はワースト2


 

00いま北京で開催されているコンビニエンス・ストア協会の年会で、中国フランチャイズ経営協会は“中国都市ごとコンビニ指数”を発表した。

この指数は、26の大中規模都市のコンビニエンス・ストア(以下、コンビニ)の展開状況を示す4項目を総合的に分析し、得られたランキングである。

その中、深圳、東莞、太原はトップ3に入り、上海は6位、広州は9位に入った。北京はワースト2位、西部の都市フフホトは5位、成都とウルムチは並んで10位だった。

4つの指標とは、コンビニの増加率、飽和度、24時間営業の割合と政策支援度である。

 

1 中国の都市住民の生活利便性はどのレベル?

日本と中国台湾地区は人口に対する店舗数が最も多い国と地域である。2012年、日本は2800人あたりに1店舗、台湾は2000人あたりに1店舗のコンビニを有する。

今回の統計データを見れば、中国のコンビニ飽和度はまだ低い水準に留まっていることが分かる。東莞と上海のコンビニは比較的に普及しており、平均3000人に1店舗を有しており、特に東莞は2667人に1店舗となっている。

ただ、全体を見ると、大部分の都市は5000人以上に1店舗のレベルで、都市によっては、2万人から3万人に1店舗の都市もある。

 

2 半分のコンビニは24時間営業

データによると、24時間営業のコンビニは全体の51%だった。24時間営業コンビニの割合は、北部より遥かに南部が多く、内陸都市より沿岸都市が多い。この結果は地域の気候と生活習慣と合致している。

 

3 コンビニは小売業で一番の成長株

コンビニの開店速度は全体的に速く、26都市の2013年平均店舗数増加率は19.5%だった。これはデパートやショッピングモールより遥かに高い数字となっている。

データでは、温州、フフホトと徐州の増加率はすべて50%を超え、その中で徐州の増加率は100%に達した。上海ではマイナス成長となっており、26都市の中で唯一のマイナス成長都市である。このことから、上海におけるコンビニ競争の熾烈さを窺い知ることができる。

 

4 コンビニの経営企業の規模小さく

中国のコンビニは地域ごとに発展を遂げている。26都市には合計176社のコンビニがあり、今回の統計では、上海、深圳、南京、東莞などの都市で、コンビニの企業数は10を超えた。コンビニ業界は競争が激しく、利益率は比較的に小さい。

 

5 規制緩和が叫ばれる

全体的に、政府はあまりコンビニの発展を重視していない。だから、業界を支援する政策は少なく、逆に規制が多い。

幾つかの支援政策に力を入れている、企業の評価も高い都市を調べたところ、これらの都市では、共同配送センターの設置、生鮮食品の取扱、ネットショップ開設、サービス助成金、営業時間延長への補助など、程度の違いこそあれ、各方面からコンビニ業界をサポートしている。

01

▲(左から)総合ランキング、増加率、飽和度、24時間営業の割合、政策支援

 

元記事:http://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MjM5NjAxMzU4MQ==&mid=200112624&idx=2&sn=a019300d088d2fd7fe8c1ac4635e93b7

チャイナなう編集室