“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

女記者が売春パーティーに潜入


 

0“実は「海天盛筵」はリッチマンたちが参加する売春パーティー、「女性外部参加者」は人々が言うところのコールガールだった。”

ニュースサイトの女性記者が「海天盛筵」に潜入し、真相を暴露した記事が話題を呼んでいる。

百度(中国大手検索サイト)の百科事典では「海天盛筵」についての説明はこうとある:「海天盛筵」は海南島三亜市で開催される国際的なライフスタイルと文化交流をテーマとした展示会で、2010年からスタートし、これまで4回開催されている。年に1度の盛会は4日間に渡って開催され、クルーザー、プライベートジェット、不動産物件、その他奢侈品・ブランド品などの展示会が行われる。

わずか4回開催されただけの「海天盛筵」が有名になったのは2013年だった。この年、「海天盛筵」の実態はタレントと成金が集まる売春パーティーだとメディアに報道された。「海天盛筵」の主催者側はイベント期間中における売春行為を排除するとの声明を出したにも関わらず、ネットで話題となったことで、不幸にも「海天盛筵」は”乱交”の代名詞となった。

 

今年、イベントの前に開催

2014年3月27日、政府が”売春と暴力団の撲滅キャンペーン”を大々的に行っている状況の中で、「海天盛筵」は例年通りに開催された。

主催者側はイベントの合法性を度々強調しているが、女性記者が外部参加者として約1ヶ月間に渡って潜入取材した結果と、ほかの”女性外部参加者”との会話の中から、「海天盛筵」の期間中、売春行為は依然水面下で横行していることが分かった。

女性記者は外部参加の仲介業者にアプローチし、別の女性外部参加者と連絡を取り合うようになり、その中から面接からイベント参加までの一部始終を聞き出した。いわゆる”面接”には暗黙のルールがあって、献身的な働きをしなければ、イベントに参加することはできない。

面接をパスするまでの流れはこうだ:3月23日、仲介業者の案内で女性外部参加者は海口(海南島)に入り、そこで”面接”を受ける。26日にようやく三亜(海南島)に行くことができ、そこで27日の開幕前に”客人”と会うことになる。

売春のお見合いパーティーを斡旋するのは香港の著名なエンターテイメント会社。ある女性外部参加者によると、お見合いパーティーには10数名の客人が参加した。

証拠を残さないように、主催側は客人が入場する前にマスクを付けさせ、女性参加者も携帯電話での撮影を禁止した。

しかし、3月27日の「海天盛筵」開幕当日は、売春パーティーの影も形もなくなった。多くの著名人と人気タレントが参加した2013年と異なり、2014年の「海天盛筵」には有名タレントや見覚えのある経営者の顔を見ることはできないが、それでも百名を超える招待されたVIPが開幕式に参加した。

VIPたちはホテルに到着すると専門の係員が対応し、写真付きのIDカードが支給される。このカードがあれば、展示会場に入ることや、パーティーなどに参加することができる。

 

昨年、孫静雅は3日間に60万元を稼いだ

報道によると、女性外部参加者の条件は相当厳しく、身長、体重、バストなどに基準が設けられている。身長は1.75メートル以上、バストはCカップ以上、容姿ももちろん審査の対象である。

当然、こんな厳しい条件をクリアすれば、潤沢な報酬が約束されている。昨年、ネットで告白したコールガールの孫静雅は、このイベント期間中にリッチマンの御曹司たちを相手にサービスを提供し、3日間で60万元(980万円)稼いだという。

今年の孫静雅は会場現場にいるが、昨年ほど注目されることはなかった。報道によると、イベント期間中、彼女は数枚の全裸写真を掲載しただけだが、内容はなかなか際どいものだった。

1孫静雅

情報筋によると、今年の外部参加者は非常に慎重で、ホテルの近くを避け、三亜市中心から28キロ離れた亜龍湾休暇村に集まっている。

お見合いパーティーはイベント前になったが、外部参加者は仲介業者を通じて、囲ってくれる上客を紹介してもらえる。

客人は彼女たちにスポーツカー、マンション、毎月10万元(160万円)の生活費を与えてくれる。ただ、客人は優れた容姿とスタイルを好み、ある程度の教養を持ち、客人が性的な要求がある時に答えなければならない。

 

昼はモデル、夜は娼婦

報道によると、女性外部参加者の後ろには複数の仲介者がいるという。双方が契約を結んでいるわけではないが、大きな利益を生むバリューチェーンが形成されている。

外部参加者のネットワークはどうやって出来上がったのか?

調査によると、仲介者はいろいろなチャンネルを使って求人情報を発信する。例えば、SNSにチャットグループを作って、紹介で外部参加者になってくれる女性を集めて、そこに不定期に”仕事”を流す。

仕事をもらった女性は、事後に仲介者に紹介料を支払う。紹介料の金額は双方が協議して決める。現状、メニューは2つある。ひとつは5000元(8万円)のショートコース、もうひとつは10000元(16万円)のオールナイトコース。

10000元のコースには、結構有名なLモデルもいる。Lはかつてモーターショーで超ミニスカートを履いて有名になった。

仲介者へのキックバックは通常、5000元(8万円)コースで1000元(1万6000円)、10000元(16万円)コースで2000元(3万2000円)〜3000元(5万円)が相場。

通常、これらの女性外部参加者はSNSなどで”モデル”や”俳優”と称しているが、実際やっていることは男性と食事したり、お酒飲んだり、性行為を行ったりなどで、普通のクラブで働くキャバクラ嬢とあまり変わらない。彼女らは表と裏の世界を渡り歩き、昼はモデルで稼ぎ、夜は服を脱いで水商売を始める。業界は彼女らの事を”商用モデル”と呼ぶ。

 

元記事:http://culture.iszed.com/yl/2014-04-10/22146.html

チャイナなう編集室