“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

人工流産3割が未婚者


 

1手術で出来たばかりの命の芽を取り除くーーそんな人工流産手術は中国で毎年800万件行われている。北京医療第3病院産婦人科のある医師によると、彼女はかつて12回流産手術を受けた女性に会ったことがあるという。流産は女性の身体に予期せぬダメージを与える恐れがあるが、残念なことに、若者の妊娠に対する知識があまりにも不足している。

最近、中国婦人発展基金会、国家人口計画生育委員会科学研究所、中華医学会計画生育分科会が共同で、中国女性出産健康推進プロジェクトを立ち上げ、今年年末までに全国で250箇所のモデル薬局店を設置し、妊娠簡易測定器や避妊用具などを専門に扱う。避妊知識を解説する“世界避妊デー”の公式サイトは既に稼働しており、必要があれば、ネットから避妊に関する知識を習得し、自分に合った避妊方法を選択することができる。

専門家によると、中国では毎年人工流産手術を受ける女性の中、30%は未婚女性で、45%は出産経験がない。“出産未経験の若い女性はいずれ子供を産むのだから、人工流産は彼女たちの将来の健康と幸せな家庭に深刻な影響を与える恐れがある”と専門家は警鐘を鳴らす。

 

元記事:http://bj.people.com.cn/n/2014/0413/c233081-20984323.html

チャイナなう編集室