“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

アメリカ企業が嘆く中国の変調


1

アメリカ商工会が中国で実施した調査によると、今年、アメリカ企業の中国における投資額、事業拡大、収益の成長に減速が見られた。この調査は一貫して、アメリカ企業がこの世界第2の経済大国でこれから厳しい挑戦を受け続けるだろうと主張している。

調査して分かったことだが、中国政府が海外企業を対象とする政策の変更、知的財産権の安全性などを懸念するアメリカ企業がどんどん増えている。では、アメリカ企業は近年来、中国で一体どんな変調を感じ取っているのだろうか?

 

2

1 昔ほど歓迎されなくなった

41%の回答者は、彼らは自分たちが中国で昔ほど歓迎されなくなったと感じている。わずか11%の回答者は昔よりやりやすくなったと回答し、ほかの41%は“変わらない”と答えた。

 

3

2 狙われるようになった

過去1年、製薬会社、食品サプライヤー、さらにアップルに至るまで、多くの海外企業は現地のメディアや監督部門のターゲットにされた。

 

4

3 コストが上がった

コストの上昇は中国の競争優位性を損ない始めていると、82%の回答者はこう答えた。同じように多くの人たちは、国有企業に有利な政策は彼らの業務にマイナスな影響があると感じている。

 

5

4 国内企業を優遇

一部のアメリカ企業は、業務の承認手続きで、北京は国内企業を優遇していると感じている。

 

6

5 ネット監視が厳しい

55%を超える回答者は、中国の厳しいネット監視が彼らの業務に支障を来していると答えた。2010年時点、この問題を言及した人の割合は39%だった。

 

7

6 知的財産権保護は“効力なし”

これまで通り、アメリカ企業が最も関心を寄せる問題のひとつが知的財産権保護である。多くの回答者は中国の知的財産権保護政策について、“効果なし”、”全く効果なし”と回答している。商工会メンバーも同様に、彼らが最も懸念する知的財産権の侵害は、盗用と技術移転であると表明している。

 

8

7 環境汚染が更に悪化した

アメリカ企業にとって、環境汚染がさらに事態を複雑化している。ほぼ50%の企業は、大気汚染が原因で、トップ人材を惹き付けることに苦労している。2008年時点では、わずか19%の企業がこの問題に直面していた。

 

9

8 若干楽観視

そんなことがあっても、多くのアメリカ企業は依然中国事業の短期計画に期待を寄せている。4分の3の企業は、彼らが今後2年間に対して楽観視しており、その中でわずかな企業は“極度な楽観”を維持しているが、多くの企業(42%)はただ“若干楽観”との回答に留まった。

 

10

9 海外企業は改革の主役を担う

“今年の調査は、アメリカ企業が中国で事業を営むにあたり、厳しい現実と不確定性に直面していることを現していると同時に、将来に対して楽観的で自信に満ちる回答もあった・・・この国の指導者はまさに改革に力を入れようとしており、海外企業は中国将来の発展に重要な役割を果たすだろう”と中国アメリカ商工会主席のグレッグ・ケーリガンが述べた。

 

元記事:http://finance.qq.com/a/20140415/005564.htm

チャイナなう編集室