“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

上海:建設中ショッピングセンター床面積、世界一


 

1いま世界で建設中のショッピングセンターの総床面積は3900万平米に達し、2013年より300万平米増えた。その中で、中国で建設中のショッピングセンターの総床面積は世界全体の半分以上を占め、依然世界で一番活気のある市場である。シービー・リチャードエリス(CBRE)の最新研究報告でこのことを明らかにした。

報告によると、中国は世界で最も建設中のショッピング施設が集まる国で、中国の8都市が建設中ショッピングセンターの延べ床面積で世界トップ10に入っている。今回の調査は世界180ヵ国をカバーし、現在建設中のショッピングセンターの半数以上が中国にあることが分かった。

この数字はロシアとトルコを除くヨーロッパ全体の建設中総面積よりも大きい。成都は上海に次いで建設中の総床面積は320万平米、そのあとに深圳と天津が続き、それぞれ270万平米と250万平米だった。トップ10には、イスタンブール、武漢、モスクワ、北京、南京と広州がランクインした。

“農村の都市化と中流階級の台頭で、中国は近代的なショッピングセンターへのニーズは非常に旺盛である。”シービー・リチャードエリス研究部門の中国担当、最高執行責任者の陳仲偉氏はこう分析する。

元記事:http://sh.sina.com.cn/news/b/2014-04-24/091592002.html

チャイナなう編集室