“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

広東・香港・マカオ自由貿易区がいよいよ秒読み


 

1権威ある情報筋によると、広東・香港・マカオ自由貿易区草案がほぼ固まり、いま最終の調整段階に入ったとのこと。草案自体はすでに中央政府の了解を得ており、また28の関連部門へのヒヤリングも合わせて実施した。草案では、広東・香港・マカオ自由貿易区に特化した課題をリストアップし、特に金融改革分野で越境人民元取引業務に力を入れようとしている。

“広東・香港・マカオ自由貿易区は長い時間をかけて準備して来たので、草案は全体的にレベルの高い内容であるが、詳細についてはまだ内部で研究段階にある。広東・香港・マカオ自由貿易区の最大の特徴は上海自由貿易区との差別化である。つまり広東、香港、マカオの3地域が深く提携することで、珠江デルタが一体となって競争力を高め、大きな経済圏を形成する。”と前述の情報筋が述べる。具体的な実施時期は、まだ中央政府の指示を待たなければならない。彼は、地域の準備も整え、草案の内容も問題なければ、国は間もなくタイミングを見計らって承認するだろうと予測する。

調べによると、上海自由貿易区は全方位で開放政策を打ち出すのに比べて、広東・香港・マカオ自由貿易区は海外貿易と、広東と香港・マカオとの経済関係に着目した政策を打ち出すと見られる。業界関係者によると、広東・香港・マカオ自由貿易区は上海自由貿易区のような全方位ではないが、開放政策の進め方は後者のほうがより大胆になるという。

金融改革では、広東と香港・マカオが深く結び付くことで、国際金融センターとして知られる香港と金融改革方面での連携の可能性は大いにある。

“例えば、国境を跨ぐ双方向融資。現段階では、香港・マカオに多くの人民元が滞留しているが、これらの人民元を如何に循環させるかを考えなければならない。国内経済の成長を促すことで、一方で香港を人民元滞留の中心地から開放することができ、もう一方で広東地域の経済発展にも寄与する。これがまさにwin-winの関係だ。”と前述の情報筋が言葉に力を込める。

 

元記事:http://finance.qq.com/a/20140430/000326.htm

チャイナなう編集室