“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

上海蟹の美味しい食べ方


1

▲2つのハサミと一緒に、8本の脚を落とす。冷めると蟹肉と殻に隙間ができ、取り出し易くなるので、これは最後に食べる。

 

2

▲お腹にある殻(蟹のおへそにあたる部分を覆う殻、オスとメスで形状が異なる)を取り除いたあと、甲羅を剥がす。

 

3

▲まず、甲羅にある蟹ミソを食べる。小さいスプーンで蟹の胃にあたる部分をすくい出し、その周りについているミソをすする。注意:真ん中にある三角錐型の胃を食べないで捨てること。

 

4

▲甲羅を食べ終えると次は身の部分。まず、はさみで蟹の脚の付け根、口、肺の部分を切り落とす。

 

5

▲スプーンで身の真ん中にある六角形の形をした物を取り出す。これは蟹の心臓なので、捨てる。

 

6

▲スプーンで蟹の身に少しだけ酢をたらし、身についているミソをきれい食べる。

 

7

▲身を2つに割り、断面から糸状の蟹肉が見える。脚の生える向きに身を裂くだけで、蟹肉を取り出すことができる。蟹肉をきれいに食べ終わった甲羅は半透明に見える。

 

8

▲はさみで蟹脚を関節ごとに切り、つま先にあたる脚は道具として使える。まず、つま先の細い側を使って、真ん中の関節の中にある蟹肉を押し出す。次はつま先の太い側で太い関節の肉を押し出す。

 

9

▲蟹のハサミを関節ごとに分け、付け根側の2つははさみで切り開いて、専用スプーンで蟹肉をすくい出す。最後のハサミを食べるコツは、両側に切り込みを入れ、ハサミを反対側に広げるように引っ張ると、殻がきれいに剥がれる。

 

10

▲この方法で食べれば、順序良く、上海蟹を美味しく、残さず食べることができる。食べ終わると、手をきれいに洗い、暖かい生姜茶を飲めば、1回の食事で蟹ひとつだけでも、充分満足感が得られる。

 

元記事:http://info.wuhan.net.cn/pub/2014/0418/652501.shtml

チャイナなう編集室