“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

よだれ注意!上海オススメの小籠包店


01

▲富春小籠
場所:愚園路 650 号​(愚园路650号)
平均消費:22元(360円)

愚園路にある老舗は知名度に恥じないクォリティで、朝6時から深夜まで営業している。衛生環境やサービスはまあまあだが、1日を通して店内は来客でいっぱいになる。噛むと溢れる肉汁はほのかに甘く、豚肉も噛み応えがあり、一口食べると口の中で肉の旨味が広がる。ラー油を付けて食べると、めちゃくちゃうまい!味は絶対5つ星だ!絶対5つ星だ!

 

02

▲熙盛源
場所:豊庄路389号(丰庄路389号​)
平均消費:17元(280円)

すっかり有名になってしまった無錫の“熙盛源”小籠包。上海では、ここだけ無錫と全く変わらない味!独創的な醤油スープ・ワンタンは、見た目は赤くて辛そうだけど、実際は全然辛くない特製のラー油を使っている。ワンタンの餡には干しえびを使っているので超うまい!小籠包も肉がたっぷり入っており、噛むと肉汁がスプーンから溢れるほど。しかも甘味がある!もう無錫まで食べに行かなくてもいいや!

 

03

▲前城酒家
場所:唐山路408号​
平均消費:14元(230円)

上海外灘近くにある老舗。夜9時になっても店内は照明で明るく照らされ、来客で賑わっている。24時間営業だよ!小籠包は肉汁が多く皮は薄い、豚骨をじっくり煮込んで作った肉汁には旨味が凝縮されている。皮はつるっとしていて噛み応えがあり、小さいワンタンにはひき肉の具がたっぷり入っている。辛子醤油を少し垂らすと味がさらに複雑になり、これが子供の時に食べたあの懐かしい味だ!ほかに、トンカツ、冷やしワンタン、ボルシチなどもオススメだよ!

 

04

▲万寿斎
場所:山陰路123号(山阴路123号​)
平均消費:14元(230円)

万寿斎は半世紀以上の歴史を持つが、いまでも毎回長い行列を並ばなければ食べられない超人気店!小籠包は皮が薄く、具がたっぷり入っている。溢れる肉汁はまさに絶品の味!ワンタンやジャージャー麺なども超オススメで、店内の壁にはコンテストで獲得した賞状が所狭しと掲げられている!2号店はないので、この味はここでしか食べられない。オーナーの堅実な経営姿勢に敬意を払わずにはいられない。

 

05

▲麟籠坊特色小籠包
場所:日月光広場B2楼XJH32 台湾館側
平均消費:20元(320円)

佳家湯包の姉妹店。味は佳家湯包の高いレベルを維持している。肉汁たっぷり、皮は充分に薄く、美味しくて高くない!ここでの一番人気は卵黄豚肉と海老の小籠包、味は最高やで〜!女の子でもひとりでひと籠をベロリと食べてしまう。人気店なので、基本的に待たなければ食べれない。日によって午後6時に売り切れる時もあるので、行くなら早めがいいよ!

 

06

▲阿明蘇州湯包
場所:昌里路127号(洪山路の近く)
平均消費:18元(300円)

ここのスープ小籠包は格別にうまい。蘇州湯包は個性的な味だ。スープ小籠包のスープはさっぱりしてるけど、しっかりした味わいと旨味がたまらない。ここの土鍋料理も安くて美味しいよ!

 

07

▲天生小籠
場所:浦東新区上南路1251弄31号(昌里路の近く)
平均消費:6元(100円)

朝から行列に並んでまでして食べたいここの小籠包は、ひと籠15個入りでなんと6.5元(100円)。野菜市場の入口にある目立たないこの店の人気がすごいものがあって、いつ行っても長蛇の列。理由はここの安くて美味しい小籠包が目当てで、皮が薄くて肉汁たっぷり、いっぱいに詰まっている具は新鮮で美味しい。女店長は持ち帰った場合の家での蒸し方も教えてくれる。

 

08

▲佳家湯包
場所:市内に多数店舗あり
平均消費:20元(320円)

ここの小籠包は種類が多く、豚肉、蟹肉、卵黄、海老などなど。毎日全部が売り切れるので、どれが美味しいとか、優劣付けがたい。豚肉は一番オーソドックスで、スープはうまく皮は薄い、肉も食べ応えがあるので、ぜひ一度お試しあれ!

 

09

▲法華湯包館
場所:法華鎮路504号(法华镇路504号​)
平均消費:18元(300円)

遅く行くと絶対買えないスープ小籠包!それにアヒルと春雨のスープを組み合わせるともう最高!夜8時には全部売り切れてしまう。小籠包にはスープがたっぷり入っており、ひとつずつが大きくて皮は薄い!ベジタリアンの人には野菜小籠包がオススメだよ〜近所の住民は毎日通うほど!食べたければ、早めに行くべし!

 

元記事:http://sh.qq.com/a/20140504/023667.htm

チャイナなう編集室