“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

中国美女図鑑:馬術大会に降臨した“女神”林志玲


00

ロンジン杯国際馬術大会が北京のオリンピックスタジアムで開催されて今回で4年目になる。この日、北京の空はまる1日雨が降り続き、馬たちがウォーミングアップするパドックが泥だらけになったが、競技場の熱気は雨で冷めることはなかった。多くの観衆とともに、林志玲などの映画スターも競技場に姿を見せ、馬と写真を撮ったり、馬にまつわる体験談を語ったりした。

 

林志玲:馬に恐怖感がある

“女神”林志玲が会場に登場すると、ほかのスターたちの存在が霞んでしまった。背中を出したロングドレスを着て、10センチのハイヒールを履いた林志玲は、すぐにメディアの注目の的となり、競技中の馬術選手たちよりも目立っていた。カメラマンたちの“こっち向いて!”、“真ん中見て!”、“右を見て!”などのリクエストにも林志玲は笑顔で応えた。

2005年、林志玲は大連でコマーシャルの撮影で、馬に乗るシーンの撮影中に突然馬が暴れ、林志玲は落馬した。当時、彼女の落馬事件は芸能ニュースでトップニュースとなり、彼女が肋骨6本を折ったなどのデマも流れた。

あれから9年、馬術会場に来たスターの中で、林志玲だけが唯一馬と写真を撮らなかった。あの落馬事件以来、馬に乗ることはなかったと、林志玲は率直に告白した。

01

02

03

 

元記事:http://gb.cri.cn/27224/2014/05/12/1042s4536575_1.htm

チャイナなう編集室