“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

小売100強 天猫は蘇寧を抑えて首位


11

5月30日、中華全国商業情報センターが発表した“2013年中国小売企業TOP100ランキング”によると、ECサイトを運営する天猫は年間売上3470億元(5兆6000億円)を達成し、前年同期比67.5%の伸びで、蘇寧や大商などの実店舗型小売企業を抑えてトップに輝いた。

中華全国商業情報センターは“第9回中国小売企業年度大会”で発表した統計データによると、2013年中国小売企業TOP100の合計売上高は2兆7718億元(45兆2500億円)に達し、前年同期比19.8%増となり、前年同期より0.4ポイント下がった。これは3年連続の伸び率減となった。

2013年の小売企業100強の中で、売上が1000億元(1兆6000億円)を超える大企業は6社、前年より1社増えた。6社はそれぞれ、天猫(ECサイト)、蘇寧(家電)、大商(百貨店)、国美(家電)、京東(ECサイト)と華潤万家(ショッピングモール)で、その中で京東と華潤万家は今年初めて1000億元企業の仲間入りとなった。

中華商業連合会副会長で、中国全国商業情報センターの王耀主任の紹介によると、2013年はECサイト運営会社を小売企業100強の対象に入れてから2年目になる。100強に入った小売企業の中で、ECサイト運営会社は合計9社で、昨年より1社増えた。売上規模は合計5732億元(9兆3600億円)に達し、小売企業100強の合計に占める割合は20.7%で、前年比6.2ポイント上昇した。平均売上高の伸び率は76.2%で、伸び率では前年(8社の伸び率)より大幅に57.9ポイント下回ったものの、100強小売企業全体の平均売上高伸び率よりは56.4ポイント上回った。

中華全国商業情報センターの統計を見れば、2013年に100強入りした外資系小売企業は20社(実店舗の小売企業に限る)となり、数字上は前年より2社減ったが、外資系小売企業20社の合計売上高は4516億元(7兆4000億円)で、100強に占める割合は16%、2012年より1.2ポイント下がった。外資20社の売上高伸び率前年比は10.4%増で、伸び率も2012年より1.1ポイント下がった。

 

元記事:http://industry.caijing.com.cn/2014-05-30/114227092.html

チャイナなう編集室