“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

上海:地下鉄3/4号線の新車両が7月に登場


001

▲3/4号線新車両イメージ図

 

上海市地下鉄側からの情報によると、上海市地下鉄3/4号線の新車両は現在長春で車体と内装の組み立て工事を行っており、6月には検収テストを行う予定であるとのこと。検収テストの結果が基準を満たせば、最初の新車両は7月上海に運ばれる見通しである。

3/4号線の新車両は先月そのスクープ写真が流れ、その斬新な黒いフロントマスクのデザインが好評を博した。上海市地下鉄側が公表したイメージ図(上図)を見ると、流線形にデザインされた3/4号線の新車両は躍動感を感じさせ、フロントライトは水滴をモチーフしたデザインで、黄浦江(上海市内を流れる川)を象徴し、凛々しい顔つきとなっている。

調べによると、3/4号線の新車両は側面のラインに3/4号線を表すカラーを採用し、同じ区間を走る両路線の一体感を表現している。全車両の車内照明は高光度・長寿命の薄型LEDライトを採用し、車内には光センサーが設置されており、外部に明るさに合わせて車内照明の光度を自動調節できる。車両の駆動系統と補助系統は新しく設計されたシステムを採用し、旧モデルよりパワーアップし、電力効率も改善された。また車体の軽量化、集積化にも成功している。

3/4号線の新車両は合計35列生産する予定で、生産期間は2年となっている。最初に納品される新車両は上海に到着したあと、上海市地下鉄側は新車両に対して一連の運用テストを行う予定である。

 

元記事:http://sh.qq.com/a/20140604/053582.htm

チャイナなう編集室