“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

上海:通勤族の平均睡眠時間は6.69時間


01

平日の夜は何時に就寝しますか?数年前と比べて、就寝時間にどんな変化がありましたか?あなたは“眠いのに携帯をやめられない”の経験がありますか?

今回実施した14回労働調査では、昨日までに1026名のネットユーザーがアンケートに参加し、その結果、8割のネットユーザーの就寝時間は22時以降で、アンケート回答者全体の平均睡眠時間は6.69時間だったことが分かった。

専門家は睡眠時間の深夜化と減少の理由について、ひとつには8時間以外の“バーチャル労働時間”がいまのホワイトカラーの休暇時間や睡眠時間を圧迫していることと、もうひとつはネットを使った娯楽や交友へのニーズは睡眠よりも強いことと指摘している。

 

■8割が22時以降に就寝

夜中に微博(中国版Twitter)を見たり、友達とチャットしたりすることは、すでに若者独特な生活習慣となっている。一方で、不眠に関する書き込みはずっと微博のホットな話題であり、毎日延べ29万人が不眠についてつぶやいており、そのつぶやく時間はほとんどが未明で、中には早朝4時、5時に更新する人もいる。

“夜行猫”がますます増えており、ホワイトカラーたちはいつ寝ているのだろうか?今回の労働調査で、“平日何時に就寝しますか?”の問いに対して、約8割の回答者は平日22時以降に就寝すると回答し、その中”22時〜0時”の人が最も多く、全体の56%だった。このほか、“0時〜2時”と“2時以降”はそれぞれ19%と5%だった。

“睡眠時間”の項目では、上海の平均睡眠時間は6.69時間で、全国は6.76時間だった。その中、7割以上の通勤族は毎日の睡眠時間は6〜8時間で、約2割の通勤族は毎日の睡眠時間が6時間未満だった。睡眠時間が8時間以上はわずか7%。

 

■勤務年数6〜10年が最も就寝が遅い

“就寝時間の変化”の項目では、勤務年数が長いほど、就寝時間が遅いことが分かった。“少し遅くなった”と“かなり遅くなった”を選んだ人の中で、勤務6〜10年と11年以上の割合はそれぞれ26%と21%でトップ。

“最近眠れないことはあるか?”の質問に対して、69%の上海回答者は“ある”と回答。不眠に悩む勤務1年以上の通勤族は勤務1年以内よりずっと多い。

“不眠の原因”の中で、“仕事のプレッシャー、いらいら”は通勤族に共通の不眠原因で、全体の74%を占める。その次は“悩みや個人的な感情の問題”が43%、“仕事が忙しく、帰宅が遅い”は27%だった。

勤務年数で見ると、入社1年の回答者は“悩みや個人的な感情の問題”と回答した人が最も多く、入社1年以上は“仕事のプレッシャー、いらいら”が最も多い。

 

元記事:http://sh.qq.com/a/20140704/008596.htm

チャイナなう編集室