“チャイナなう”編集室 当サイトへの広告掲載に関するご相談は編集室まで!

中国若者たちの食生活


 

これは食に関する物語である。社会に出たばかりのこの若者たちは、“90年代生まれ”と世間で言われ、似たような質素な食事を食べているが、それぞれの食事の背後には、頑張る彼らの価値観と境遇が垣間見える。

 

1

▲李肖棠、21歳、広東潮汕出身、身長165センチ、体重47キロ、写真モデルをしている。朝食はパンと牛乳、ランチは麺類、夜はリンゴ1個とキュウリ半分、1日のカロリー摂取量は約920kcal。李肖棠は偏食しないし、ダイエットもあまり気にしない、性格はおおらかでまるで男の子。日常生活の中で、特別な食事というのはなく、すべての食べ物を両手を広げて受け入れる彼女である。

 

2

▲謝威盛、24歳、広東茂名出身、身長168センチ、体重58キロ、広州の薬品会社の営業マン。通常、食材を買って自分で作って食べる。1日の摂取カロリーは2400kcal。谢威盛は茂名の出身で、90年代生まれにしては珍しく自炊する男子である。彼の食に対する哲学の中に、キッチンで1日3回の食事を作ることが幸せであり、こんな静かに時間が流れる生活が、彼にとって一番落ち着くという。

 

3

▲段勇、24歳、寧夏銀川出身、身長168センチ、体重70キロ、広州にあるラーメン店のオーナー兼シェフ、3歳の娘のパパである。彼の1日3食は、2食がラーメンで、1食がご飯、摂取カロリーは約2500kcal。段勇は回族で、食事に対して特別なこだわりがある。1日3食について、彼は毎回の食事に必ず肉が必要だと強調する。ほかの90年代生まれの若者と比べると、段勇の人生は比較的先行しており、24歳の若さですでに3歳の娘がいる。

 

4

▲李嘉楽、21歳、重慶出身、身長172センチ、体重65キロ、中山大学3年生。いつも3食は学校の食堂で済ます。メニューは、あんかけご飯、ラーメン、焼きビーフンがメインで、夜お腹が空くとカップラーメンを食べることがある。摂取カロリーは2800kcal。最近、彼女ができたことで、李嘉楽の食生活が劇的に変わった。もう身体に良くないカップラーメンを食べるのをやめた。また時々彼女と一緒にあっさりした海鮮料理や日本料理を食べに行く。“だいぶまともな生活になった”。

 

5

▲陳令玮、23歳、新聞会社の記者とネット編集を担当し、身長167センチ、体重62キロ、1日3食はほとんど会社の食堂か、小さい路面店で済ます。1日の摂取カロリー量は2000kcal。陳令玮はハーフで、父親はスペイン人、母親は北京出身。ベジタリアンの彼女は甘いものに目がなく、特に果物が大好きで、好きな料理は筍と椎茸の炒め物。陳令玮はベジタリアンはひとつの生き方と考えており、それによって、人はもっとシンプルになれ、心が清らかになれ、自然でストレスのない生活を手に入れることができると考える。

 

6

▲黄畅恒、24歳、広州出身、身長180センチ、体重90キロ、内装設計士。彼の毎日の朝食はマクドナルドのハンバーガーとコーヒーで、ランチは肉料理の定食、夜は家で両親が作った家庭料理を食べる。1日の摂取カロリーは約3000kcal。アメリカの食べ物を好む黄畅恒の夢はシェフになることで、美味しい料理には自分なりのこだわりがある。しかし、年を取るに連れて、彼は徐々に外見を気にするようになり、もう毎回ボリューム満点な食事を取らなくなった。

 

7

▲郭原毓、24歳、広東汕頭出身、身長155センチ、体重42キロ、ビリヤードが趣味の雑誌副編集長。朝食はお粥と牛乳、ランチは会社の食堂で魚の水煮、モツ煮、肉炒めなど食べ、夜は豚足、干し肉と野菜など、夜食にラーメンを食べる。1日の摂取カロリー量は2900kcal。郭原毓は本当に食べることが大好きで、何を食べるにしても常に真剣である。彼女によると、食材の鮮度以外に調理方法と食感もとても大事で、美味しい物を食べると気持ち的にも良い影響を与えるという。

 

8

▲叶静、21歳、広東河源龍川出身、身長157センチ、体重46キロ、華南農業大学3年生。1日3食はほとんど学校の食堂と宿舎で済ます。1日の摂取カロリー量は1600kcal。河源龍川で育った彼女が最も食べたいのはふるさとの豚肉スープと春巻きとチャーハン。叶静によると、彼女は例え100元しかない時でも70元を食べ物に使う人だという。多くの広東人と同じように、叶静は食事を常に真剣に対処すべき事だと考えている。

 

9

▲陳芸丹、24歳、広東茂名出身、身長155センチ、体重44キロ、ある大学で撮影の講師をしている。彼女の朝食はお粥と卵、ランチは学校の食堂で食べ、夜は家で自炊する。1日の摂取カロリー量は1800kcal。陳芸丹の食生活は典型的な広東スタイルで、味はあっさり、野菜・果物とスイーツが大好きで、よく家で彼氏のためにスープを作る。彼女にとって、何を、どこで食べるかは重要ではなく、重要なのは向かいに座っている人が誰なのかである。

 

10

▲林毅鸿、広東汕頭出身、24歳、身長173センチ、体重67キロ、いまある紙メディアの会社で新聞記者の仕事に就いたばかり。彼の食事は弁当が中心で、それ以外にビスケット、スニッカーズを食べ、栄養ドリンクを飲む。1日の摂取カロリー量は2850kcal。林毅鸿はスポーツマンで、大学卒業して1年過ぎた彼は水泳とサイクリングが趣味である。“肉があれば、味に満足でき、いっぱい食べれる”というのが、彼の食事に対するこだわりのすべてである。その中で、お腹いっぱい食べれることが最も重要で、それが満たされれば、それ以外がダメでも大丈夫。

 

11

▲曾紀芳、広東湛江出身、24歳、身長162センチ、体重53キロ、昼はあるアクセサリー工場で働き、夜はアマチュアバンドのボーカルに変身する。彼の朝食は肉まん、ケーキと豆乳、ランチと夜は全部会社の食堂で済ます。1日の摂取カロリー量は2000kcal。90年生まれの曾紀芳は中一が終わると広州市に移り住んだ。毎日工場の食堂で食べるので、彼はほとんど何を食べたいかを考えたことがないという。週末に歌の練習が終わると、何人かの友人を誘って夜食を食べに行くことがある。ただ、その時も食べることではなく、食べながら音楽のことを語るのが目的なのだ。

 

12

▲叶燕洪、海南島で育った福建出身、今年23歳、身長173.8センチ、体重52キロ、いまは広州市内中山大学近くのネイルサロンで働いている。彼女は毎日果物とヨーグルトを中心として食生活を過ごしている。昼には少しご飯と野菜を食べ、肉はあまり食べない。1日の摂取カロリー量は1000kcal。勤務時間が11時から深夜まで続く叶燕洪は朝ギリギリまで寝るので、朝食もそのまま食べない。叶燕洪は果物を主食にしており、ネイルサロンの冷蔵庫にも常に果物が入っている。

 

13

▲劉燕如、重慶江津出身、今年17歳、身長158センチ、体重48キロ、いまは広州にある塗装会社で働いている。朝食はお姉さんが作ったラーメン、ランチと夜は全部会社の食堂で済ます。だいたいはご飯と料理1品程度で、1日の摂取カロリー量は2000kcal。劉燕如は地元の職業学校を卒業して1年近く経つが、毎日商品を箱詰めする作業は学校でコンピュータを勉強するより面白いという。食事に関して、劉燕如あまりこだわりがなく、いまの生活に充分楽しい。

 

14

▲黄芝繁、24歳、広東茂名出身、身長170センチ、体重60キロ、いまは佛山で商品設計の仕事をしており、ライチの収穫シーズンになると実家に帰って両親のライチ収穫を手伝う。端午前後のライチのシーズンになると、彼はライチをご飯の代わりに食べる。1日に5キロ近く食べることもあり、摂取カロリー量は3500kcalになる。黄芝繁にとって、食べ物は記憶を蘇らせる特別なもの。

 

15

▲曹子豪、24歳、広州出身、身長175センチ、体重57.5キロ、いまは洋服の営業をしている。仕事が終わると、時々街の広場でダンスを踊る。曹子豪の朝食はパンと豆乳、ランチはアヒル料理の定食、夜は広州伝統のビーフン料理とお粥。ダンスを踊ったあとは、夜食にカップラーメンやスイカを食べ、たまにコカコーラを飲む。1日の摂取カロリー量は2200kcal。広州で生まれ育った彼にとって、1日3食はエネルギー補給であり、楽しみでもある。好き嫌いはないが、曹子豪はできるだけ好きな食べ物を探そうとして、例えそれが遠くでも気にしない。

 

元記事:http://www.refenxiang.com/plus/view.php?aid=369

チャイナなう編集室